子供部屋から宇宙を見ていたのジャケット写真

歌詞

10:07

PARAISO

拝啓

先生、やっぱり私は

大人になりたくありません。

なんて、言ってるそばから

この手が震えているのは何故でしょう?

疲れた顔して誰もがうつむく電車の片隅で、

もうどうでもいいやって

思いはじめてた10時7分

明日の予定を知らせる

アプリの通知が甲高く響いた

背中を押された先には

焦りが待っているだけなのに

1日がやけに長くなったのは

いつからなんだろう?

1年がやけに短くなっても、

彷徨い続けてる

あなたは僕が見れない夢をみて

弱音なんかも押し殺して歩いてる

あなたは素敵なものを集めては

理不尽な物語を変えていくんだ

拝啓

先生、やっぱり私は

大人になりたくありません。

夢なんて、って笑うような人になんて

絶対なりたくないし

スマホを取り出し時間が潰れた電車の片隅で、

隣に君がいないことに気づいた10時7分

拝啓

先生、私は本日とっても楽しいことをして

両手じゃ足りないくらいの笑顔を

みんなに振りまきつづけてた。

明日に残すものすら

どこかに消え失せた人生

この先待ってる未来なんて無駄だ

無駄だ、無駄だった

なんて絶対言わせない

「楽しいだけが人生じゃない」と

誰かが言っていた

「楽しいだけ」は人生じゃないと

いつも思っていた

海底に沈んでく体

月明かりは見えない

駄々をこねくりまわして

弱さを強さに変えていく

あなたは僕が見れない夢をみて

弱音なんかも押し殺して歩いてる

あなたは素敵なものを集めては

理不尽な物語を変えていくんだ

拝啓

先生、いつか「先生」って

呼べなくなる時が来るなら

こんな憂鬱は、

すっかり何処へ旅立ってくのかな。

明け方の空、

果ての見えない空、眠らない街

冬の匂いにスキップしたこと

忘れない

忘れないよ、絶対。

  • 作曲

    Gaki

  • 作詞

    Gaki

子供部屋から宇宙を見ていたのジャケット写真

PARAISO の“10:07”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

今作では「子供部屋」をキーワードに、宇宙や海底を舞台にした6曲を収録。駄々をこねまくり・人生迷いまくりの歌詞はもちろん、多彩な楽器が奏でる可愛らしくどこか儚いサウンドや、曲中に散りばめられた様々な仕掛けも楽しめるPARAISOの1stミニアルバム。

アーティスト情報

  • PARAISO

    追い詰められた京都の学生2名による音楽ユニット。 2019年8月、本格的に音楽活動を開始。ミスiD2021ファイナリスト。 作詞作曲からMV作成に至るまでメンバー2人で手掛けている。ジャンルに囚われないポップでキャッチーな聴きやすいサウンドと、ほとんど駄々をこねるばかりの子供じみた歌詞を融合させた、唯一無二の音楽を作り上げていきたい、という気持ちでいる。

    アーティストページへ


    PARAISOの他のリリース

PARAISO

"