トラックリスト

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

Hiplin New EP『CHOKING(チョーキング)

『Goosebumps Music』からHiplin 1st EP『CHOKING(チョーキング)』
HIplin自身が上京した時の気持ちを、歌や音に綴った今作は、収録曲のほとんどがHiplin自身によるセルフプロデュースとなっており、トラックメイクからレコーディングまでの殆どを1人でこなすなどマルチな才能を発揮している。その中で唯一プロデューサにGeGを起用し、話題のシンガーkojikojiを迎えた一曲『帰り道 feat kojikoji』や、他には大阪のCREW"Soulflex"からMa-Nuがフィーチャリングで参加している楽曲など、ミュージシャン陣にもコーラスにsoulflexからZINやギタリストの山岸竜之介、チェロリストの伊藤修平など他にも多数豪華ミュージシャンが参加している。
Hiplinが織りなすどこか懐かしい、けど新しいそんな世界感を堪能できる作品となっている。

現在ランキング

帰り道

Apple Music • J-Pop トップソング • モンゴル • 59位

現在プレイリストイン

CHOKING

Apple Music • ブレイキング:J-Pop Apple Music • グッドフィーリング・ポップ Apple Music • GENKI TRACKS Apple Music • Independent AF (JP)

過去ランキング

CHOKING

iTunes Store • J-Pop トップアルバム • 日本 • 10位 • 2020年11月11日 Apple Music • J-Pop トップアルバム • インドネシア • 17位 • 2020年12月22日 Apple Music • J-Pop トップアルバム • 日本 • 26位 • 2020年11月12日 iTunes Store • 総合 トップアルバム • 日本 • 33位 • 2020年11月11日 iTunes Store • J-Pop トップアルバム • オーストラリア • 35位 • 2020年11月11日 Apple Music • J-Pop トップアルバム • カナダ • 43位 • 2021年3月26日 Apple Music • J-Pop トップアルバム • オーストラリア • 44位 • 2020年11月23日 Apple Music • J-Pop トップアルバム • 韓国 • 53位 • 2020年12月22日 Apple Music • J-Pop トップアルバム • マレーシア • 67位 • 2020年11月29日 Apple Music • 総合 トップアルバム • 日本 • 77位 • 2020年11月12日 Apple Music • J-Pop トップアルバム • 台湾 • 85位 • 2021年4月8日 Apple Music • J-Pop トップアルバム • タイ • 124位 • 2021年4月9日 Apple Music • J-Pop トップアルバム • アメリカ • 158位 • 2020年12月8日

CHOKING

Apple Music • J-Pop トップソング • インド • 12位 • 2020年11月16日 KKBOX • Japanese シングル デイリー • マレーシア • 17位 • 2021年4月22日 Apple Music • J-Pop トップソング • モンゴル • 29位 • 2021年1月5日 Apple Music • J-Pop トップソング • ベルギー • 31位 • 2020年12月13日 Apple Music • J-Pop トップソング • スペイン • 47位 • 2021年1月2日 Apple Music • J-Pop トップソング • チェコ • 57位 • 2021年4月16日 Apple Music • J-Pop トップソング • ハンガリー • 105位 • 2020年12月10日 Apple Music • J-Pop トップソング • ルーマニア • 132位 • 2021年3月31日 Apple Music • J-Pop トップソング • オランダ • 137位 • 2021年1月25日 Apple Music • J-Pop トップソング • マカオ • 181位 • 2021年1月3日 Apple Music • J-Pop トップソング • カナダ • 187位 • 2020年11月16日 Apple Music • J-Pop トップソング • ニュージーランド • 195位 • 2021年1月8日

パブロ

Apple Music • J-Pop トップソング • インド • 18位 • 2020年11月14日

イマジン

iTunes Store • J-Pop トップソング • カナダ • 15位 • 2021年1月11日 Apple Music • J-Pop トップソング • インド • 31位 • 2020年11月12日

No Friend No Life

Apple Music • J-Pop トップソング • インド • 48位 • 2020年11月12日

帰り道

Apple Music • J-Pop トップソング • ボツワナ • 2位 • 2021年2月28日 Apple Music • J-Pop トップソング • インド • 17位 • 2020年11月16日 iTunes Store • J-Pop トップソング • 台湾 • 37位 • 2020年11月25日 LINE MUSIC • ソング Top 100 リアルタイム • 日本 • 39位 • 2020年12月17日 Spotify • VIRAL 50 デイリー • 日本 • 40位 • 2020年12月19日 Apple Music • J-Pop トップソング • ベトナム • 58位 • 2021年1月21日 iTunes Store • J-Pop トップソング • 日本 • 96位 • 2020年11月12日 Apple Music • J-Pop トップソング • シンガポール • 105位 • 2020年11月9日 Apple Music • J-Pop トップソング • カザフスタン • 109位 • 2020年12月20日 Apple Music • J-Pop トップソング • ニュージーランド • 125位 • 2021年3月22日 Apple Music • J-Pop トップソング • オーストラリア • 125位 • 2021年2月3日 Apple Music • J-Pop トップソング • インドネシア • 197位 • 2020年12月22日

過去プレイリストイン

CHOKING

Apple Music • ニュー・ミュージック・デイリー • 2020年11月13日

パブロ

Apple Music • フライデイ・フィーリング • 2020年11月13日

No Friend No Life

Spotify • Happy Stroll • 2020年11月11日 Spotify • Tokyo Rising • 2020年11月11日 Spotify • TOKYO GROOVE selected by DJ HASEBE • 2020年11月16日 Spotify • 都会の空と音楽と • 2020年11月11日 Spotify • J-Pop 新幹線 • 2020年11月13日 Spotify • New Music Wednesday • 2020年11月11日

帰り道

Apple Music • CUT Tokyo • 2021年1月13日 Spotify • 週刊プレイリスト • 2020年12月26日 Apple Music • 78 musi-curate TuneCore Japan zone • 2020年12月1日 Spotify • tuneTracks Weekly • 2020年11月14日 Apple Music • ニュー・ミュージック・デイリー • 2020年10月30日

アーティスト情報

  • Hiplin

    Hiplin (ヒップリン) 関⻄出身のシンガーソングライター、ギタリスト、トラックメイカー、サウンド プロデューサーなど、いくつもの肩書きを持ち、マルチな才能を発揮するアーティスト。 自身が歌う楽曲では、SOULやHIPHOP、それにREGGAE、BLUES、FUNKなどBLACK MUSICを軸に、等身大で寄り添いやすいリリックを乗せたポップスへと 昇華させている。またトラックメイカーとしては、ジャンルの壁を絞らない、多彩に飛んだ制作を行っており、近年は国内に限らず、海外アーティストへの楽曲提供など、プレイヤーのみならず裏方までマルチな活動を行なっている。 そして2016年にリリースした1st Mini Album"2ケツ"その中に収録されている1曲“Grow UP”を変態紳士クラブのプロデューサーであるGeGがAcoustic verにアレンジし、自身のアルバム”Mellow Mellow ~GeG's Playlist~"に収録したことをキッカケにHiplinの名が全国へ広まっていく。そして注目の新レーベルGoosebumps Musicからリリースされた、GeG “I Gotta Go”への 客演参加で、一気に注目のシンガーソングライターへと躍り出た、いま最も重要なアーティストのひとりである。

    アーティストページへ

Goosebumps Music