CHOKINGのジャケット写真

歌詞

イマジン

Hiplin

いつからか繋いだ 手と手は離れてた

誰もが憧れた 世界も遠のいて

正論によく似た 言葉を並べては

何かを閉じ込めた それに気づかないまま

見渡せば何もかもが 疎ましく思えて

憂いを独り占めした 様なフリをして

霧がかったこの目で まやかしを見つめて

自分を騙して 人を傷つけた

Hold on, imagine what you could change

少しだけ 少しだけ

Hold on, imagine what you could change

少しだけ 少しだけ

ありのままをただ恐れて 目を背けないで

でまかせの正義なんてもんどうだっていいだろ

つまらないプライドで着飾った心の奥の

本当の声を聴かせてよ

大丈夫、誰もいなくならないから

隠してたものを 互いに受け入れて

誰もが夢に見た 未来を語り合おう

Hold on, imagine what you could change

少しだけ 少しだけ

Hold on, imagine what you could change

少しだけ 少しだけ

  • 作曲

    Hiplin

  • 作詞

    Hiplin

CHOKINGのジャケット写真

Hiplin の“イマジン”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

Hiplin New EP『CHOKING(チョーキング)

『Goosebumps Music』からHiplin 1st EP『CHOKING(チョーキング)』
HIplin自身が上京した時の気持ちを、歌や音に綴った今作は、収録曲のほとんどがHiplin自身によるセルフプロデュースとなっており、トラックメイクからレコーディングまでの殆どを1人でこなすなどマルチな才能を発揮している。その中で唯一プロデューサにGeGを起用し、話題のシンガーkojikojiを迎えた一曲『帰り道 feat kojikoji』や、他には大阪のCREW"Soulflex"からMa-Nuがフィーチャリングで参加している楽曲など、ミュージシャン陣にもコーラスにsoulflexからZINやギタリストの山岸竜之介、チェロリストの伊藤修平など他にも多数豪華ミュージシャンが参加している。
Hiplinが織りなすどこか懐かしい、けど新しいそんな世界感を堪能できる作品となっている。

過去ランキング

イマジン

Apple Music • J-Pop トップソング • パラグアイ • 5位 • 2021年7月21日 iTunes Store • J-Pop トップソング • カナダ • 15位 • 2021年1月11日 Apple Music • J-Pop トップソング • インド • 31位 • 2020年11月12日

アーティスト情報

  • Hiplin

    Hiplin (ヒップリン) 関⻄出身のシンガーソングライター、ギタリスト、トラックメイカー、サウンド プロデューサーなど、いくつもの肩書きを持ち、マルチな才能を発揮するアーティスト。 自身が歌う楽曲では、SOULやHIPHOP、それにREGGAE、BLUES、FUNKなどBLACK MUSICを軸に、等身大で寄り添いやすいリリックを乗せたポップスへと 昇華させている。またトラックメイカーとしては、ジャンルの壁を絞らない、多彩に飛んだ制作を行っており、近年は国内に限らず、海外アーティストへの楽曲提供など、プレイヤーのみならず裏方までマルチな活動を行なっている。 そして2016年にリリースした1st Mini Album"2ケツ"その中に収録されている1曲“Grow UP”を変態紳士クラブのプロデューサーであるGeGがAcoustic verにアレンジし、自身のアルバム”Mellow Mellow ~GeG's Playlist~"に収録したことをキッカケにHiplinの名が全国へ広まっていく。そして注目の新レーベルGoosebumps Musicからリリースされた、GeG “I Gotta Go”への 客演参加で、一気に注目のシンガーソングライターへと躍り出た、いま最も重要なアーティストのひとりである。

    アーティストページへ


    Hiplinの他のリリース

Goosebumps Music

"