In the marginのジャケット写真

歌詞

海鳴りの夜明け

こんにちは谷田さん

恒星が溺れていく海の果て

どこにも行けない僕らのよう

漂う死の匂い、

沈黙の水面に呑まれて消えていった

僕の右手では何もできないまま、

朝を待った

軋んだ夜の天井が音を立てて、

僕らは祈った

暗闇に奔っている錆色の罅割れ、

そこから染み出した明日を

塞いだ耳の鼓膜を叩く、

海鳴りが僕らの足に絡まって

歩き出すこともできないままで、

紅く濁った昨日が終わるのを

待っていた

軋んだ夜の天井が音を立てて、

僕らは祈った

暗闇に奔っている錆色の罅割れ、

そこから染み出した明日を

  • 作曲

    こんにちは谷田さん

  • 作詞

    こんにちは谷田さん

In the marginのジャケット写真

こんにちは谷田さん の“海鳴りの夜明け”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

  • 1

    ポワソン・ダヴリルについて (Cover)

    こんにちは谷田さん

  • 2

    包まれた街

    こんにちは谷田さん

  • ⚫︎

    海鳴りの夜明け

    こんにちは谷田さん

  • 4

    とても素敵な六月でした (Cover)

    こんにちは谷田さん

  • 5

    優しいてのひらで心臓を包むように

    こんにちは谷田さん

  • 6

    命なんていらなかった

    こんにちは谷田さん

  • 7

    過ち

    こんにちは谷田さん

アーティスト情報

Emo, Alternative and Cool.

"