青が消すのジャケット写真

歌詞

青が消す

Ruby Seaside

灰色の空張り付いた壁紙の様

身に覚えのない喪失感影で隠した

街に溶けて

同じ景色を

違う場所で

見つめていた

最後の言葉

信じていた

小さな愛が

芽生えそうで

青が消す

藍色の痣青春程遠く

酒器を帯び一人残された感情に消えてく

黒色染め上げた宵いの街を訪れ

同じ夜が始まる

歩き出した

時の中を泳ぎながら

全てを飲みこんでしまう君

ずっと変われなかった僕は

また君を見失うから

  • 作曲

    カイル

  • 作詞

    カイル

青が消すのジャケット写真

Ruby Seaside の“青が消す”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

  • ⚫︎

    青が消す

    Ruby Seaside

爽やかなメロディと少し重たいリリックが特徴となるRuby Seasideらしい一曲。メロディアスなサウンドと夜を連想させる雰囲気、そしてその曲の短さが聴く人を病みつきにさせるオススメの一曲。

アーティスト情報

"