Leapのジャケット写真

歌詞

Leap

Ryo Yoshinaga

窓の中に反射した

空しか見上げられないような

窮屈なこの場所には

さよならを告げてしまいたい

走り抜けるニュースたちが

本当のことを器用に隠すから

疑いに怯えるよりも

Leap up for Unknown world

飛んでみればいい

晴れの日が怖くても

雨の日を憂いても

朝は私に追いついてしまう

空に生かされてるということ

指先の感情だけで

海だって越えられる時代でしょ

胸に手を当てて聞いてみて

鼓動が響く

私は生かされている

何か一つ成し遂げて

だけどすぐに崩れ落ちてゆく

途方もない感情の渦

日々はきっとそれを繰り返す

両手で口を塞いでみても

呼吸を止めても

脈打つことは止められない

逃げも隠れもしない

一生に一度の

今を生きればいい

想像よりもだめな今日も

代わり映えのない明日でも

地球はメリーゴーランド待ってくれないよ

空に生かされてるということ

胸の中ちくり残る

罪悪感だってあなたでしょ

胸に手を当てて許してよ

自分を責めないで

誰もが生かされている

飛ばない飛びたい飛ぶの飛べない飛ぼう

言葉って簡単で

一つ変えてしまえばいい

心って私の手の中にあるのに

いつだって手に負えない

今日もまた

晴れの日が怖くても

雨の日を憂いても

朝は私に追いついてしまう

それが生きているということ

一歩だけその一歩でいい

海だって越えられる時代でしょ

胸に手を当て聞いてみて

Leap up for Tomorrow

飛び立つ時が来た

  • 作曲

    Ryo Yoshinaga, Yuki Hanabusa

  • 作詞

    Ryo Yoshinaga

Leapのジャケット写真

Ryo Yoshinaga の“Leap”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

  • ⚫︎

    Leap

    Ryo Yoshinaga

シンガーソングライターRyo YoshinagaのNew Singleは今を生きる全ての人に向けたメッセージソング。
ゴスペルやルーツミュージックを彷彿とさせる壮大な曲に、伸びやかなメロディ、ただ背中を押すだけではなく自分を愛せるようにと願いを込めて綴られた言葉、まさに青空に向かい飛翔=Leapできるような一曲です。

過去プレイリストイン

Leap

Spotify • Mid Tempo Magic • 2021年1月15日

アーティスト情報

  • Ryo Yoshinaga

    どこまでも響く伸びやかな歌声で、自身が影響を受けたソウル、R&B、AOR、Acid Jazz、ゴスペルなどのテイストを取り入れた、ボーダレスな "良質ポップス" を届けるシンガーソングライター。 また聴き手の想像を掻き立てる言葉を紡いでいる歌詞は、物語の一説のようだと称される。 

ライブ活動の他、シンガーとしてCM楽曲や、イベントのテーマソングなども数多く歌唱。さらにコーラスシンガーとしても活動。様々な場所でその "声" を必要としてくれる人のために歌っている。

    アーティストページへ


    Ryo Yoshinagaの他のリリース

Ryo Yoshinaga

"