Primal Dub2 Front Cover

Primal Dub2

Track List

  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music

※ Preview may take some time.
※ Preview is not available for songs under copyright collective.

メロウでダビーな日常サウンドトラック、Primal Dubの続編、前作同様更に洗練された珠玉のDub集!!新鋭レーベル、Hoodish Recordingsの第一弾としてリリースされたMaLのソロアルバム「Primal Dub」はインストアルバムながらiTunesレゲエチャート1位を獲得、各方面から好評を得た。今回の続編はメロウで穏やかなダブが展開された前作の流れも踏襲し、更に洗練されたDubも新境地へと向かいつつ、前作が好きなリスナーも納得させる形で進化を遂げた。フィーチャリング・アーティストもレーベルメイトでもあるIRONSTONEがギター、ボイスにACHARU、ジャンベにSHOWGO、バイオリンのHirokazu Suetake、そして前作は長女がトランペットで参加したのもハイライトの一つであったが今回は次女がアルトサックスとボイスでの参加というのも聴きどころ。カバーアートは前作同様、東京のアンダーグラウンドシーンに灯を灯し続けるBEST MATCH CORNERによるもの。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



『Prime Dub』、その続編、MAL(PART2STYLE)による『Prime Dub 2』が約1年ほど
のスパンでここにリリースされた。本人が果たしてそう思っていたかどうかはともかく、
前作を一聴したときに「DJ PYTHONへの高田馬場からの回答」と、ついつぶやいてして
しまいたくもなったわけだが、本作もまたチルアウトな雰囲気の柔らかなダブ・サウンド
がじんわりと広がっていく。その作品性は、レゲエ / ダブ愛好家はもちろん、チルなラッ
プやR&B、そしてここ数年でレゲエの再発などでもキーワードであがってきているいわ
ゆるバレアリック・サウンド的な解釈で聴かれることも決して不思議ではない、そんな作
品ではないだろうか。
全治9ヶ月の大けがの末、80日間にも及ぶ入院の間に思いついたという『Prime Dub』の
「ダブをキーワードにした日常のサウンドトラック」というテーマ(前作『Prime Dub』
に関する顛末は大石始のnote掲載のMALインタヴューに詳しい、本作を知る上でも重要
なのでぜひそちらをぜひ参照のこと)。少々余談だが、それはどこかブライアン・イーノ
が交通事故後、その病床での、とある音楽体験をヒントとして「アンビエント・ミュージ
ック」を着想したというエピソードを思い出す話でもある。アンビエント・ミュージック
同様、生活の一部に溶け込む音楽ということで言えば、音楽への視点の変化、身体性とは
また違った役割・魅力のある音楽の創出というところで、そこにどこか共通点を見いだす
ことも可能だろう。ダンスフロアの身体的な刺激とも違った、リズムとサウンドによっ
て、日常のフィーリングを豊かにする、そうした音楽がここにはある。
続編ではあるが、入院生活を端緒とした、よりパーソナルな前作に比べて、本作はその布
陣にしても少し開いたコミニケーションを感じることのできる作品となった。おそらく、
なにより前作のリリースでスタートした、高田馬場の音楽居酒屋「KUSUDAMA」が主宰
するレーベル、HOODISH RECORDINGSの存在が大きいのではないだろうか(もちろん
本作のリリースもHOODISHからのリリースとなる)。フィーチャリングには、レーベ
ル・メイトでもあるIRONSTONEがギター、ボイスにACHARU、ジャンベにSHOWGO
がレコーディングにも参加、更にバイオリンのHirokazu Suetake、そして前作のMalの長
女の参加に続き、今回は次女がアルトサックスとボイスにて参加している。前作で蒔いた
種がじわりとその根を張り巡らし、そして本作へ、というローカルなコミニティにおける
コミニケーションの芳醇さが作品へと結実しているということではないだろうか。
デジタル・リリースは、先にリリースされている限定ミックス・テープとは違ったセパレ
ート仕様の楽曲達。DJ / セレクターとして長らく活動してきた彼の手腕が発揮された
「流れ」を持ったミックスとも違った時間軸で、アルバムとしてじっくり堪能するもよ
し、もちろん現場での「流れ」のセンスのなかで生み出された本作のサウンドは、またさ
まざまな現場に「流れ」を作りだせるDJツールとしての側面を持つことは言うまでもな
いだろう。
カヴァー・アートは前作同様、東京のアンダーグラウド・シーンで噂のマッチ箱職人、
BEST MATCH CORNERが担当。
人生の大部分を占めるのは膨大な日常だ、そんな日常にじわりと染み入るサウンドトラッ
クとしてのダブ。繰り返す日常、繰り返しながらも気分、体調、その機微はいつも違う、
メロウなメロディに聴きいってみたり、時にはリズムにフォーカスして小躍りするもよ
し、そんな毎日違って繰り返す「日常のVERSION」を彩る「Prime Dub」、その第2章が
ここに完成したのだ。(河村祐介)

Past Rank In

Primal Dub2

iTunes Store • Reggae TOP ALBUMS • Taiwan • TOP 1 • 25 Feb 2023 Apple Music • Reggae Top Albums • Korea, Republic of • TOP 8 • 26 Jan 2024 Apple Music • Reggae Top Albums • Taiwan • TOP 9 • 24 Dec 2023 Apple Music • Reggae Top Albums • China • TOP 12 • 29 Mar 2023 Apple Music • Reggae Top Albums • Malaysia • TOP 13 • 13 May 2023 iTunes Store • All Categories TOP ALBUMS • Taiwan • TOP 16 • 25 Feb 2023 Apple Music • Reggae Top Albums • Japan • TOP 20 • 26 Jan 2023 Apple Music • Reggae Top Albums • Russian Federation • TOP 53 • 4 May 2024

Breakthrough Dub

iTunes Store • Reggae TOP SONGS • Japan • TOP 67 • 12 May 2023

Fly

iTunes Store • Reggae TOP SONGS • Japan • TOP 54 • 6 Apr 2023

Dark Roast Dub

iTunes Store • Reggae TOP SONGS • Japan • TOP 53 • 6 Apr 2023

DubFun

Apple Music • Reggae Top Songs • Viet Nam • TOP 54 • 28 Aug 2023

Alright

iTunes Store • Reggae TOP SONGS • Taiwan • TOP 1 • 3 Feb 2023

Artist Profile

  • MaL

    [MaL] A Track Maker and DJ of the Japanese leading bass music crew PART2STYLE. MaL is the resident DJ of the largest bass music festival in Japan "OUTLOOK FESTIVAL JAPAN", and he has also performed at the "OUTLOOK FESTIVAL" held in Croatia for 9 consecutive years. He has DJ'd at numerous DJ parties and festivals around the world, and has been highly acclaimed by many domestic and international bass music fans and top notch artists and DJs. While extensively doing song writings and remixes for domestic and foreign artists, and for commercials, as a DJ, MaL has a wide range of play styles from large venues to chilling venues. Literally he is a heavyweight in both sound output and in his physique. MaL is also active as the member of the producers unit "ZEN RYDAZ" with J.A.K.A.M. and MACKA-CHIN, endorsed by many younger generations.

    Artist page


    MaLの他のリリース

Hoodish Recordings