トキノタビビト

  1. トキノタビビト

沖縄本部町の地域活性化を歌った1st,2nd に続き、3rdシングルは強いメッセージがこめられたシティーポップソング。
本作、エレファントカシマシ等のプロデュースも手がける村山☆潤によるアレンジサポートが実現。

SOMNiiNG

​高校生時代に「ハモネプ」で全国大会に出演し、その後クラブシーンや、チャリティーCD(クラウドファンディングで100万円を調達)を制作する等の活動をしていた浜辺武志を中心に2018年6月に結成。 バンド名の「SOMNiiNG(サムニング)」は様々な言語を織り交ぜた造語であり「夢見心地な音楽を奏でていく」という意味がこめられている。   2018年7月に沖縄県本部町の公式地域活性化テーマソング「ゆくる町 花を添えて」を制作し沖縄にてライブ。11 月に配信限定でリリースすると、Nack5等のラジオで取り上げられ話題に。2019年1月には「沖縄県本部町八重岳(やえだけ)桜まつり」の公式イメージソング「sakura sunset」も制作。 2019年6月にリリースした3rdシングル「トキノタビビト」は、エレファントカシマシ等のプロデュースも手がける村山☆潤によるアレンジサポートが実現。ビッケブランカ やsumikaも出演した村山☆潤がパーソナリティーを勤めるInterFM「future note」でも、いま一押しのアーティストとしてレコメンド。2019年7月には沖縄県本部町にて開催された沖縄海洋博にも出演した。

アーティストページへ