ランナースカイのジャケット写真

ランナースカイ

近石涼

トラックリスト

  • Play music

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

関西を中心に活動しているシンガー・ソングライター近石涼。
19年の自主制作アルバム「歯形」を経て、自身が主宰する”lemon syrup”より新曲をリリース!

近石が10代の頃より書き始め完成まで5年の歳月を要し完成した最新作。

<今日という日はいつのときも これからの日々の最初の日>と歌詞にもある様に、ゆっくりでも一歩一歩前に進もうと歌った応援ソングになっている。

爽やかなバンドサウンドに、優しく伸びやかな、時には熱量を帯びた力強い歌声が聴く人の心に響く。

アーティスト情報

  • 近石涼

    阪神淡路大震災後の神戸に生まれる。 幼少期にピアノを習い始めたのが音楽との出会い。 中学3年の頃よりギターを弾き始め、高校生になるとYouTubeにカバー動画をアップし始める。大学生になってからはシンガーソングライターを目指し、オリジナル曲を歌い始める。 初めて作った「シンガー」という曲が「COMIN’KOBE2016」オーディションにてグランプリを獲得。また、アカペラバンド「sus4」のリードボーカルとして「第7回 A cappella Spirits!」の決勝進出。卒業後、19年10月に自主制作アルバム「歯型」をリリース。20年関西最大級の音楽コンテスト「eo Music Try 19/20」にて準グランプリ受賞。21年ラジオ局「FM802」と「グランフロント大阪」が支援するプロジェクト「MUSIC BUSKER IN UMEKITA」ライセンスを取得する。

    アーティストページへ

lemon syrup