LIFE GOES ON (feat. CHAN-MIKA)

  1. LIFE GOES ON (feat. CHAN-MIKA)

Produced by DJ HAZIME, SUI, Satoshi Yoshida
Mixed by Naoki Hayami
Mastered by Moe Kazama

現在プレイリストイン

LIFE GOES ON

Spotify • 都会の空と音楽と Spotify • TOKYO GROOVE selected by DJ HASEBE Spotify • Soul Music Japan Spotify • Next Up

過去ランクイン

LIFE GOES ON

iTunes Store • R&B/ソウル トップソング • 日本 • 5位 • 2020年11月21日

過去プレイリストイン

LIFE GOES ON

Spotify • Women's Voice • 2020年11月18日 Spotify • tuneTracks Weekly • 2020年11月21日 Spotify • J-Pop 新幹線 • 2020年11月20日 Spotify • New Music Wednesday • 2020年11月18日

Hanah Spring

Hanah Spring(ハナ・スプリング)  ジャズ&ソウル・ミュージックをバックグランドに持つシンガーソングライター。  1983年、神奈川県にてジャズギタリストの父、ジャズシンガーの母のもとに生まれる。子供の頃から、常に音楽が溢れる環境で育ったことで、小学生の頃には自ら曲作りを始め、自然とシンガーソングライターの道へと進むようになる。  高校卒業後、本格的に音楽活動をスタートし、東京・渋谷界隈のアンダーグラウンドシーンにて様々なミュージシャンとセッションを重ねながら、アーティストとしてのスキルを磨き、ゲストボーカルとして様々なライヴやレコーディングに参加。さらにErykah Badu、The Roots、Musiq Soulchildといった有名海外アーティストの来日公演のオープニングアクトも務め、その活動のフィールドを広げていく。  2008年にHanah名義にてミニアルバム『Soulflower』をリリースし、翌年にはシングル「明日また、笑えるように」にてメジャーデビューを果たす。その後、1stアルバム『i'm not alone』(2010年)、2ndアルバム『loveflower』(2012年)を発表した後に、MISIAのバックコーラスに起用され、全国ツアーなどにも参加することになる。  2014年にはHanah Spring名義での1stアルバムとなる『Handmade Soul』をリリース。MURO、黒田卓也、Kan Sanoなど国内外で活躍する名だたるアーティストが参加したこのアルバムは、iTunesジャズ・トップアルバムやBillboard JAPANトップ・ジャズ・アルバムで1位を獲得する。さらに2018年には2ndアルバム『Dreamin'』をリリースし、前作に引き続きMUROと、さらにmabanuaやDJ HAZIMEがプロデュースを手がけた他、MISIAが作詞で参加。歌、サウンド共にソウルに満ちたこのアルバムもまた高い評価を得た。  大規模なフェスからライヴハウスまで、1年を通して数多くのステージでライヴを行なっており、2018年には『FUJI ROCK FESTIVAL』、2019年には『TOKYO JAZZ FESTIVAL』へ出演。また、家族(両親、姉、弟)ともに毎年行なっているファミリーコンサートも、ファンにとってはお馴染みとなっている。

アーティストページへ

Handmadesouls Japan