シネマトグラフィーのジャケット写真

歌詞

シネマトグラフィー

asahi

ゆれる世界でまだ

人混みの中に紛れてる

涙の理由も言えないままで

僕等いつまでも

同じ事を繰り返してる

君も気付いているはずだろ?

そうだろ

雨が上がれば傘をたたんで

この街に「さよなら」を言おう

誰も知らない未来を行こう

君自身が描けるんだ

振り返らず

怒りもせず

まぶしい瞳ですすんでく

何か始めようと

この体をふるわせる時

君の笑顔思い出すよ

初めて作った君への歌は

この小さな部屋から

誰も知らない歌をうたおう

君だけには届けたいな

晴れた空に

口ずさめば

もう何もこわくは無いから

オレンジの太陽

この世界を今日も照らすから

僕等

好きな服を着て笑いながら

夢を叶えるんだ

行こう

この声は届きますか

君の夢は叶いますか

離れてても信じてるよ

この空を見上げてるよ

誰も知らない未来を行こう

君自身が描けるんだ

振り返らず

怒りもせず

まぶしい瞳ですすんでく

まぶしい瞳ですすんでく

  • 作曲

    asahi

  • 作詞

    asahi

シネマトグラフィーのジャケット写真

asahi の“シネマトグラフィー”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

  • ⚫︎

    シネマトグラフィー

    asahi

シンガーソングライターasahiの配信シングル
「シネマトグラフィー 」

アーティスト情報

  • asahi

    北海道は札幌を中心に活動する シンガーソングライター。 農家の家で育ち、音楽をやっていた父親の影響で60~70年代ブルース、ロックに触れる。 特に忌野清志郎は一番、音楽活動に影響を与えた存在である。 その音楽達に憧れ、高校卒業後、札幌に移り住み音楽活動をスタートさせる。 デモ作りや札幌市内のライブハウスで積極的にライブ活動をする中、テレビ局やラジオ局にデモ音源や手紙を送り続け、2014年北海道放送HBCラジオにて自分の番組を持つ。 パワフルなステージングと切なさを漂わせた言葉の一つ一つを大切に歌い続けている。 【主な活動経歴】 2014年から4年半 地元HBCラジオ深夜の人気番組「asahi の街角の歌~日はまた昇る~」でパーソナリティーを務める。 2016年10月に初の全国流通1stミニアルバム『君もそうでしょ?』がビクターミュージックアーツより発売。 2018年9月に2ndミニアルバム『エンターテイナー』発売。 2020年10月配信シングル 『ノスタルジア』発売。 2021年12月30日配信シングル『シネマトグラフィー 』をリリース。 ソロ、バンドで精力的に活動を続けている。

    アーティストページへ


    asahiの他のリリース
"