after wordsのジャケット写真

歌詞

傷跡

合田口洸

誰かが泣いていた僕はそれを眺めてた

月は浮かんで僕らは見られてた

花が咲いていた水滴が光って

雨が降っていた事を僕に知らせた

争いは続いて炎は消えない

それを火種に灯りを点そうとしていた

僕は歌っていたあの日君は横にいた

確かに僕ら愛し合っていた

まだ疼く傷跡そっと撫でてる

傷つけるのも傷つけられるのも

僕が選んだ君だったから

ねぇそっと撫でるよ

雨が止んで風が吹いた

花は散って丸は佇んで

春が咲いて夏を焦がして

秋は沈んで冬に包まった

青が回って白が続いた

赤く染まって黄色が浮かんだ

君が去って僕は歌って

きっと時が経てばこの紫も

まだ疼く傷跡そっと覗いてみる

傷つけるのも傷つけられるのも

僕が望んだ君を見つけて

ほっと胸を撫で下ろすんだ

  • 作曲

    合田口洸

  • 作詞

    合田口洸

after wordsのジャケット写真

合田口洸 の“傷跡”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

after words

合田口洸

合田口洸のセカンドアルバム「after words」がついに配信。今までにシングル配信された5曲が収録され、愛について描く12曲の手紙。後悔や感謝の詰まった想いとポップで少し切ないメロディとオートチューンを使っても溢れてくる切ない声が沁み入るように届いていく。

アーティスト情報

  • 合田口洸

    長野県出身、東京在住。 7歳から15歳までピアノを習い、20歳になる頃に不可思議/wonderboyの存在を知り、その衝撃で創作活動を始めるに至った。 ポエトリーを基調として歌ともラップとも取れない歌い方で曲ごとに言葉が映えるような歌い方をしている。 トラックも自らの詩、言葉が映えるように製作している。そこには幼少期のピアノの経験や、まだ浅いギターの経験も 生かされている。 2017年、LOW HIGH WHO?よりアルバム「remedy」をリリース。等身大の表現が同世代の心に響いている。

    アーティストページへ

LOW HIGH WHO? STUDIO

"