WILLのジャケット写真

歌詞

WILL

アルスト

乾いた夜風を感じて

ふと足を止めた

見上げた空には 陰った月が

叫ぶことさえ出来ず

胸の痛みは消えるでしょうか?

An inflexible will

抱き締めたこの心は

いつも素直であり続けたい

誰かに夢を笑われたとしても

それはそれでいい

描いた未来の自分に

少しでも近づけるように

今を一歩ずつ歩いていけば

生きる意味を感じ

心無き無数の言葉が

飛び交うこの時代に

孤独を感じたとしても

自分の事だけは信じ

いくつもの苦しみを超えて

辿り着いた今があるから

人知れず涙も流したけれど

強くなれてた

溢れ出す希望の光が

未来を照らし始めている

想いはこの空に届くから

信じ続けよう

誰もが迷いの中で

もがき苦しんでいた

全てが嫌になって

投げ出したい夜もあるけど

An inflexible will

抱き締めたこの心は

いつも素直であり続けたい

誰かに夢を笑われたとしても

それはそれでいい

描いた未来の自分に

少しでも近づけるように

今を一歩ずつ歩いていけば

それが楽しくて

僕はまだ光を探した

導くのは 自分自身だから

未来を信じて

この身体が果てるまでずっと

この想いは止められない

  • 作曲

    アルスト

  • 作詞

    愁徒

WILLのジャケット写真

アルスト の“WILL”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

  • ⚫︎

    WILL

    アルスト

アーティスト情報

"