トラックリスト

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

シンガーソングライターで女優、本間愛花の2021年配信シングル第2弾。切なく儚い歌詞とメロディが見事に融和した、エレクトロポップ。
本間の何処か寂しげで哀愁感ある歌唱とハーモニーが、男目線での歌詞の世界観や楽曲の雰囲気を高めている。

プロデューサーには末崎正展、アレンジには新進気鋭の米澤森人を迎えた意欲作。

アーティスト情報

  • 本間愛花

    新潟県出身のシンガーソングライター、女優。 1988年生まれ。 幼い頃からYAMAHA音楽教室に通いエレクトーンを習う。小学校4年生の頃、初めて作曲を行い表現の楽しさを実感。バンド活動を行っていた父親の影響もあり、生きていく中で音楽はなくてはならないものとなった。ライブの活動を広げるため2008年に上京。 作詞・作曲を続ける中で、自分のJ-POPを確立していく。どこか昭和の香りを感じさせる雰囲気と歌声を持ち、その癒しヴォイスが"泣き歌(crying voice)"と言われ老若男女問わず魅了。 末崎正展をプロデューサーにむかえ今後の更なる展開に向けて活動中。

    アーティストページへ

WARAS MUSIC