トラックリスト

  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

これでダメなら実家に帰る...裏側ブラックな片道切符...
2021年7月。広島県尾道市のインディーズレーベル「TAG DOCK」から、ビートメーカー兼プロデューサー Maria Segawa のオールプロデュースのもと、8トラック構成のミニアルバム【OUT OF MEMORY】をリリース。2年間のサラリーマン生活にピリオドを打ち、タイムカードもボーナスもない世界への期待と不安を歌う。Maria Segawa の最高品質なサウンドに、音楽一筋に生きる覚悟を詰め込んだ超大作になっている。「君の将来保険、年金、実家の家業はいったいどうすんの?」...確かに心配で仕方がないですね。でもまさに今、"この身を削ってでも揺らしたい場所"が、目の前にあるのだ。

現在ランキング

OUT OF MEMORY

Apple Music • ヒップホップ/ラップ トップアルバム • 日本 • 56位

現在プレイリストイン

Mou Vah

Apple Music • 78 musi-curate TuneCore Japan zone Spotify • Next Up

過去ランキング

OUT OF MEMORY

iTunes Store • ヒップホップ/ラップ トップアルバム • 日本 • 4位 • 2021年7月21日 iTunes Store • 総合 トップアルバム • 日本 • 41位 • 2021年7月22日 Apple Music • 総合 トップアルバム • 日本 • 106位 • 2021年7月22日

One Shot

iTunes Store • ヒップホップ/ラップ トップソング • 日本 • 34位 • 2021年7月22日

Mou Vah

iTunes Store • ヒップホップ/ラップ トップソング • 日本 • 37位 • 2021年7月22日

Tight Skirt

iTunes Store • ヒップホップ/ラップ トップソング • 日本 • 85位 • 2021年7月22日

Cheap Luxury

iTunes Store • ヒップホップ/ラップ トップソング • 日本 • 82位 • 2021年7月22日

過去プレイリストイン

Mou Vah

Spotify • tuneTracks Weekly • 2021年7月24日 Spotify • J-Pop 新幹線 • 2021年7月23日 Spotify • New Music Wednesday • 2021年7月21日

アーティスト情報

  • SKRYU

    SKRYU (Rapper) 1996年生9月3日生島根県出身。愛媛県松山市のRapper。4THCoastを代表するDisryから大街道サイファーを受け継ぎキャリアをスタート。路上でのフリースタイルラップをきっかけに、中四国地方を中心としたMCバトルに挑戦し始める。キャリア3年目の2018年にはLibra Recordsが主催するULTIMATE MC BATTLE 愛媛予選にて優勝。3度目の出場である2020年大会本戦では、愛媛代表としてベスト4まで進出する。翌年2021年には9sari Group 主催のKING OF KINGS 2020GRAND CHAMPIONSHIP FINALに出場、同年に出場した戦極MC BATTLE 23章では、チャンピオンの座を奪い取った。 MCバトルの功績はもとより、楽曲こそSKRYUの真骨頂である。2020年4月にリリースした自身初のEP【SCREEN SAVER】は iTunes Store ヒップホップ/ラップ トップアルバム(日本)にて1位にチャートイン、同年12月にリリースした2nd EP【SHORT CUT】も同チャートにて最高順位2位を記録した。どこか懐かしさを感じるダンサブルなサウンド。生活感のあるリリック。ラップ、メロディー、ハーモニーを自在に操る "小気味良いスタイル" がSKRYUの十八番と言えるだろう。 癖のあるGrooveと独特の世界観を是非、体感してほしい。 そして2021年7月。広島県尾道市のインディーズレーベル「TAG DOCK」から、ビートメーカー兼プロデューサー Maria Segawa のオールプロデュースのもと、8トラック構成のミニアルバム【OUT OF MEMORY】をリリース。2年間のサラリーマン生活にピリオドを打ち、タイムカードもボーナスもない世界への期待と不安を歌う。Maria Segawa の最高品質なサウンドに、音楽一筋に生きる覚悟を詰め込んだ超大作になっている。「君の将来保険、年金、実家の家業はいったいどうすんの?」...確かに心配で仕方がないですね。でもまさに今、"この身を削ってでも揺らしたい場所"が、目の前にあるのだ。

    アーティストページへ

TAG DOCK