Aliveのジャケット写真

歌詞

Alive -where-

ミオヤマザキ

どこかに帰りたい

家にいるのに可笑しいね

独りな訳でもないのに

スマホ開いても

誰かがいて今を必死に生きてる

余計に虚しくなるだけだよ

It's alive

It's alive

なんで生きてるか?

理由なんて分からないよ

壊れない一生一緒があればいいのに

Why?Why?Why?

みんなが楽しそうに見えるよ

偉い 凄い

私はダメだね

It's alive

It's alive

It's my life?

  • 作曲

    ミオヤマザキ

  • 作詞

    ミオヤマザキ

Aliveのジャケット写真

ミオヤマザキ の“Alive -where-”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

アーティスト情報

  • ミオヤマザキ

    mio(Vo.)、taka(G.)、Shunkichi(B.)、Hang-Chang(Dr.)の4人組ロックバンド。 mioによる”男性は心拍数が上がり、女性は皆共感する”恋愛の陰を描いた歌詞と、圧倒的なライブパフォーマンスにより「ミオラー」と呼ばれる熱狂的なファンを獲得。 500万DLを突破したゲームアプリ「マヂヤミ彼女」はApp Storeで1位に。さらに、TVドラマ「SHIBUYA零丁目」やTVアニメ「地獄少女~宵伽~」などに楽曲が起用され、10代~20代の女性を中心に支持を広げている。 2017年には日比谷野外大音楽堂でのワンマンを行い、O-EAST、ZeppTokyoなどの大規模ライブハウスを含む全国ツアーでは全公演ソールドアウトを記録。2018年にはパシフィコ横浜での公演を大成功に収め、2019年には日比谷野外大音楽堂・大阪城野外音楽堂2DAYSワンマンを行い国内での動員を着実に伸ばしながら、フランス、ドイツ、香港などのイベントにも出演し、海外でも熱狂的なファンを生み出している。2019年年末にはZeppツアーを、そして2020年1月11日には自身最大キャパとなる12000人を動員する横浜アリーナでの単独公演を開催した。

    アーティストページへ


    ミオヤマザキの他のリリース

TOIL&MOIL

"