Aliveのジャケット写真

歌詞

ぴえん

ミオヤマザキ

偉い偉い

生きているだけで偉い

あぁ〜やってらんないってもう

「あぁすりゃ?」「こうすりゃ?」

どーなのさ?

まぁ言うな

そう言うな

I AKUSEKU

It's the ants

Fuck!

平和まだか

秒だ

嘘はナシだ

笑わせるな

(I don't care now)

愛だのセフレだのしても

(I don't care now)

愛がなんだか知らない

見えないし

やってみるしかない

いいじゃん

しゃーない

頑張ろうな

ぴえんなPeople

I wanna be dance dance but

I can't be dance dance fuck

意味ない〜くもない

I AKUSEKU

It's the mouse

人生を四の五の言うの止めたらBANG

So BAN

さぁドンドン吐き出しReady go!

Get earth

Bang the eye

The OINORI clap!

Get earth

Bang the eye

The OINORI clap!

Get earth

Bang the eye

The OINORI clap!

Get earth

Bang the eye

「どっちが良い?」

どっちでもいい

「どっちが良い?」

どっちでもいい

「どっちが良い?」

“取り戻そう”とかじゃなくて

“どうでもいい”とかじゃなくて

どっちでもいい

勘違い

元も何したいなんてない時代

なのに期待したい

そうだ奴がNo

そうさ我はKnow

濃か厚か

LOCK DOWN

Just

いつも通り

明日なんか

もう2度とこないんだってば

But

うずくまって

塞ぎ込んで

心までSTAY HOME

まぁ言うな

そう言うな

I AKUSEKU

It's the ants

Fuck!

そんなんじゃ一生 “牢”

それじゃ

どーする? どーする? どーするよ?

まぁ言うな

そう言うな

I AKUSEKU

It's the mouse

Fuck!

増しだ税は

またか

世知辛いな

平和どこだ

Get earth

Bang the eye

The OINORI clap!

Get earth

Bang the eye

The OINORI clap!

Get earth

Bang the eye

The OINORI clap!

Get earth

Bang the eye

「どっちが良い?」

どっちでもいい

「どっちが良い?」

どっちでもいい

「どっちが良い?」

“取り戻そう”とかじゃなくて

“どうでもいい”とかじゃなくて

どっちでもいい

勘違い

元も何したいなんてない時代

なのに期待したい

そうだ奴がNo

そうさ我はKnow

濃か厚か

LOCK DOWN

NA-NANA

NA-NANA

NA-NANA

NA-NA

明日

泣いたり笑ったり出来るか

それもわからない?

ずっとさ そうだろ?

全部茶番 もう茶番

嘘だって知っててもYes

ヤバいヤバい言ってないで

マヂで

泣いたり笑ったりしたいな

どうせ嘘なら嘘で固めてよ

全部オジャン もうオジャン

淀んだ未来はいらん

なんならどっちでもいい

ヤバいは聞き飽きた

PIEN・・・

(I don't care now)

愛だのセフレだのしても

(I don't care now)

愛がなんだか知らない

見えないし

やってみるしかない

いいじゃん

しゃーない

頑張ろうな

ぴえんなPeople

  • 作曲

    ミオヤマザキ

  • 作詞

    ミオヤマザキ

Aliveのジャケット写真

ミオヤマザキ の“ぴえん”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

アーティスト情報

  • ミオヤマザキ

    mio(Vo.)、taka(G.)、Shunkichi(B.)、Hang-Chang(Dr.)の4人組ロックバンド。 mioによる”男性は心拍数が上がり、女性は皆共感する”恋愛の陰を描いた歌詞と、圧倒的なライブパフォーマンスにより「ミオラー」と呼ばれる熱狂的なファンを獲得。 500万DLを突破したゲームアプリ「マヂヤミ彼女」はApp Storeで1位に。さらに、TVドラマ「SHIBUYA零丁目」やTVアニメ「地獄少女~宵伽~」などに楽曲が起用され、10代~20代の女性を中心に支持を広げている。 2017年には日比谷野外大音楽堂でのワンマンを行い、O-EAST、ZeppTokyoなどの大規模ライブハウスを含む全国ツアーでは全公演ソールドアウトを記録。2018年にはパシフィコ横浜での公演を大成功に収め、2019年には日比谷野外大音楽堂・大阪城野外音楽堂2DAYSワンマンを行い国内での動員を着実に伸ばしながら、フランス、ドイツ、香港などのイベントにも出演し、海外でも熱狂的なファンを生み出している。2019年年末にはZeppツアーを、そして2020年1月11日には自身最大キャパとなる12000人を動員する横浜アリーナでの単独公演を開催した。

    アーティストページへ


    ミオヤマザキの他のリリース

TOIL&MOIL

"