トラックリスト

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理事業者等が管理する楽曲は試聴できません。

変幻自在。唯一無二の「快進撃(カウンター)」。
 
 2019年に2ndアルバム『PAUSE』を発表して以降のWILYWNKAは、自身も所属する変態紳士クラブとして「YOKAZE」の大ヒットや初の武道館ワンマン公演などを経験。恐らくWILYWNKA自身のキャリア上、最も激動且つ大きな飛躍を遂げた数年間だったのではないかと思われる。
 
 そして変態紳士クラブとしてメジャーの最前線で闘い続ける一方、ソロ・ワークも活発にこなしてきたここ数年だった。2020年にはBACHLOGICをメイン・プロデューサーに迎えたEP『EAZY EAZY』を発表。その後、2021年にはCHANCE THE RAPPERの大ヒット曲「NO PROBLEM」などを手掛けたことで知られるBrasstracksとのコラボ楽曲「Our Style」で長期に渡るバイラル・ヒットを飛ばしたかと思えば、2022年1月にはBESやISSUGIを迎えたEP『NOT FOR RADIO』をリリース。そして、満を持して3年振りにリリースされるフル・アルバムが『COUNTER』だ。

  今作の音楽性に耳を傾けると、太いベースラインとドラムが否応無しに首を振らせるブームバップ・ビート、アタックの強いドラムの上に乾いたハイハットが敷き詰められる現行感強めのビート、そして温もりのある音飾とメロディアスな曲調が心地よいメロウ/チルな楽曲群など多要素な音楽性だが、WILYWNKAは難なくそれらのビートを乗りこなしていく。どの要素もWILYWNKAがデビュー初期から乗りこなしてきたスタイルだが、先述したBrasstracksや、WILYWNKAが憧れてきたNYラッパー集団:DIPSET関連のプロデュースでも知られるARAABMUZIKが制作に関与していたり、BACHLOGIC/JIGG/KMら日本を代表するプロデューサーたちも名を連ねていて、今作のスケールアップ/グレードアップに貢献している(ARAABMUZIKとBrasstracksとの制作の様子はVLOG「WILYWNKA EVERYDAY」にてYouTubeに公開されている)。また、今作のマスタリングは、KANYE WESTやJuice WRLDなどUSヒップホップ界の錚々たる面々を手掛け、『PAUSE』以降のWILYWNKAの作品でもその手腕を発揮してきた日本人エンジニア:Tatsuya Sato(The Mastering Palace NYC)が手掛けている。

 これらサウンド面のメンツとは打って変わって、フィーチャリングには同じく変態紳士クラブのメンバーであるVIGORMANをはじめ、Young Coco, KID PENSEUR & STICKY BUDS、MFS、BYNGSUNG KIMの大阪勢と、レーベルメイトであるLeon Fanourakisといった仲間たちで固められているところにも注目したい。

 各曲のテーマやリリックに目を向けると、豪奢な振る舞いを見せつけたかと思えば、タフでリアルなストリートの景色も描写する。不遜な態度が曲に現れることもあれば、筋や仁義を通す姿勢がリリックに現れたりもする。どれもWILYWNKAの等身大であり、活動初期からブレていない姿をラップしている。つまり、彼は何も変わっていないし、これからも変わるつもりがない。アルバムを通してそれを主張しているように聴こえる。そして、トレンドに左右され右往左往してしまいがちなヒップホップ・シーンに対し、彼の思うオーセンティックなヒップホップを追求しようとするその姿勢を通してメッセージを投げかけているようでもある。そしてその姿勢こそが、WILYWNKAが現行のヒップホップ・シーンに対して起こすカウンター・アクションそのものと言えるだろう。また、「That's Me」で「暗闇からフック/Counter Culture」とラップしているように、改めてカウンター・カルチャーとしてのヒップホップを再提示しているようにも受け取ることが出来る。

 たとえ今後、ポップ・フィールドでラッパーとして前代未聞のサクセスを手に入れることになったとしても、彼の根っこはブレないどころか、その根を更に掘り起こすことでより太い姿を顕わにし、更にその根の先端を尖らせていくのだろう。『COUNTER』は2022年現在のWILYWNKAにとっての“所信表明”と言えるし、彼だからこそ意味のある「快進撃(カウンター)」なのだ。

伊藤雄介(音楽ライター/プロデューサー)

現在ランキング

COUNTER

Apple Music • ヒップホップ/ラップ トップアルバム • 日本 • 26位

現在プレイリストイン

That's Me

Apple Music • ヒップホップ ジャパン Apple Music • はじめての WILYWNKA

Company Flow

Apple Music • Tokyo Highway Apple Music • BLACK FILE

Listen

Apple Music • はじめての WILYWNKA

Yakiniku

Spotify • +81 Connect GOLD : 20's J-Hiphop Hits Apple Music • はじめての WILYWNKA

Feeling Like...

Spotify • +81 Connect GOLD : 20's J-Hiphop Hits

Chill Out

Spotify • +81 Connect GOLD : 20's J-Hiphop Hits Apple Music • GOOD SUMMER GOOD MUSIC

Friends

Apple Music • はじめての WILYWNKA

過去ランキング

COUNTER

iTunes Store • ヒップホップ/ラップ トップアルバム • 日本 • 1位 • 2022年6月17日 Apple Music • 総合 トップアルバム • 日本 • 2位 • 2022年6月17日 iTunes Store • 総合 トップアルバム • 日本 • 8位 • 2022年6月18日 LINE MUSIC • アルバム Top 100 デイリー • 日本 • 47位 • 2022年6月17日 LINE MUSIC • アルバム Top 100 リアルタイム • 日本 • 53位 • 2022年6月17日 Apple Music • ヒップホップ/ラップ トップアルバム • シンガポール • 61位 • 2022年8月21日 Apple Music • ヒップホップ/ラップ トップアルバム • マカオ • 66位 • 2022年8月14日 Apple Music • ヒップホップ/ラップ トップアルバム • 台湾 • 68位 • 2022年6月18日 Apple Music • ヒップホップ/ラップ トップアルバム • 香港 • 97位 • 2022年6月27日 Apple Music • ヒップホップ/ラップ トップアルバム • 中国 • 105位 • 2022年6月18日 Apple Music • ヒップホップ/ラップ トップアルバム • マレーシア • 118位 • 2022年6月18日 Apple Music • ヒップホップ/ラップ トップアルバム • パナマ • 124位 • 2022年9月24日 Apple Music • ヒップホップ/ラップ トップアルバム • インドネシア • 154位 • 2022年6月29日 Apple Music • ヒップホップ/ラップ トップアルバム • モンゴル • 171位 • 2022年6月18日

That's Me

iTunes Store • ヒップホップ/ラップ トップソング • 日本 • 5位 • 2022年6月18日 Apple Music • ヒップホップ/ラップ トップソング • 日本 • 22位 • 2022年6月18日 KKBOX • 洋楽 新曲 デイリー • 日本 • 24位 • 2022年6月20日 KKBOX • 洋楽 新曲 ウィークリー • 日本 • 33位 • 2022年6月23日

Company Flow

iTunes Store • ヒップホップ/ラップ トップソング • 日本 • 23位 • 2022年6月18日 Apple Music • ヒップホップ/ラップ トップソング • 日本 • 65位 • 2022年6月18日

Listen

iTunes Store • ヒップホップ/ラップ トップソング • 日本 • 36位 • 2022年6月18日 Apple Music • ヒップホップ/ラップ トップソング • 日本 • 85位 • 2022年6月18日

Osaka Harlem

Apple Music • ヒップホップ/ラップ トップソング • 日本 • 106位 • 2022年6月18日

Yakiniku

iTunes Store • ヒップホップ/ラップ トップソング • 日本 • 71位 • 2022年6月19日 Apple Music • ヒップホップ/ラップ トップソング • 日本 • 83位 • 2022年6月18日

Super Cypher

iTunes Store • ヒップホップ/ラップ トップソング • 日本 • 63位 • 2022年7月17日 Apple Music • ヒップホップ/ラップ トップソング • 日本 • 111位 • 2022年6月18日

Winner

Apple Music • ヒップホップ/ラップ トップソング • 日本 • 143位 • 2022年6月18日

SN.KMI.KER.

Apple Music • ヒップホップ/ラップ トップソング • 日本 • 168位 • 2022年6月19日

BADA BING!

Apple Music • ヒップホップ/ラップ トップソング • 日本 • 180位 • 2022年6月17日

No Rivals

Apple Music • ヒップホップ/ラップ トップソング • 日本 • 177位 • 2022年6月17日

Keep It Runnin'

iTunes Store • ヒップホップ/ラップ トップソング • 日本 • 35位 • 2022年6月18日 Apple Music • ヒップホップ/ラップ トップソング • 日本 • 176位 • 2022年6月17日

Feeling Like...

Apple Music • ヒップホップ/ラップ トップソング • 日本 • 172位 • 2022年6月18日

Chill Out

KKBOX • 洋楽 新曲 デイリー • 日本 • 48位 • 2022年6月25日 iTunes Store • ヒップホップ/ラップ トップソング • 日本 • 91位 • 2022年6月18日 Apple Music • ヒップホップ/ラップ トップソング • 日本 • 126位 • 2022年6月17日

Today

Apple Music • ヒップホップ/ラップ トップソング • 日本 • 178位 • 2022年6月18日

Friends

iTunes Store • ヒップホップ/ラップ トップソング • 日本 • 30位 • 2022年6月18日 Apple Music • ヒップホップ/ラップ トップソング • 日本 • 141位 • 2022年6月18日

過去プレイリストイン

That's Me

Apple Music • 最新ソング:J-ヒップホップ • 2022年6月10日

Company Flow

Spotify • Pluto Selection(Biweekly) • 2022年9月5日

Yakiniku

Spotify • +81 Connect:J-Hiphopの「今」と「その先」 • 2022年6月17日 Spotify • Best New Music: DIGLE SOUND • 2022年6月27日 Spotify • Next Up • 2022年6月20日 Spotify • New Music J-Pop • 2022年6月17日 Apple Music • 最新ソング:J-ヒップホップ • 2022年6月17日 Spotify • New Music Wednesday • 2022年6月22日 Spotify • Spotify Japan 急上昇チャート • 2022年6月19日 Spotify • New Music Friday Japan • 2022年6月17日

Super Cypher

Spotify • FNMNL • 2022年6月23日

Keep It Runnin'

Apple Music • CUT Tokyo • 2022年6月23日

Today

Spotify • The Pulse of J-Rap • 2022年8月26日 Spotify • New Music Everyday - tuneTracks (curated by TuneCore Japan) • 2022年6月17日 Apple Music • 78 musi-curate TuneCore Japan zone • 2022年6月28日

Friends

Spotify • Monday Spin • 2022年6月20日

アーティスト情報

  • WILYWNKA

    1997年生まれ、大阪出身のヒップホップ・アーティスト。リリックの完成度やフローなど、その卓越したスキルが日本のヒップホップ界で話題を呼び、シーンを代表するラッパー/プロデューサーから注目される。2017年に大阪レゲエ・シーンの若手VIGORMANとプロデューサーGeGとで結成したユニット「変態紳士クラブ」として1st EP『ZIP ROCK STAR』をリリースし、同EP収録楽曲「好きにやる」のミュージックビデオはYouTubeにて2,600万回再生を超えるロングヒット中。 2018年には「1% (ワンパーセント)」とソロ契約を結び、9月にはソロ・デビュー・アルバム『SACULA』を発表。東名阪福でのワンマンは大阪追加公演を含めて即完。2019年には60箇所以上のクラブ/ライブ ハウスへの出演をこなし、9月には早くも2ndアルバム『PAUSE』をリリース。2019年末にはさらにスケールアップした東名阪福でのワンマンライブを全会場ソールドアウトさせ、ファイナルである大阪なんばHatchには2,000人が集結。 さらに2020年1月には東京追加公演(渋谷WWWX)を発表し、即完となった。2020年2月には変態紳士クラブとして新木場スタジオコーストにてワンマンを開催し、こちらもソールドアウト。2020年1月〜3月には全国30箇所以上でのクラブ/ライブハウスにてソロツアーもこなし、12月にはBACHLOGIC全曲プロデュースのEP『EAZY EAZY』を配信リリース。 2021年5月には変態紳士クラブとして初のフルアルバム『ZURUMUKE』を配信リリースし、iTunes、Apple Music、LINE musicにて総合1位を獲得。2億回再生を突破したシングル「YOKAZE」で「ミュージックステーション」や「THE FIRST TAKE」への出演も果たし話題となった。さらに6月にはSNSを中心にバズを起こしていた未発売の楽曲「Our Style」を正式リリースし、新たに制作されたリリックビデオは 1ヶ月で280万再生超え、 楽曲再生数は1ヶ月で900万回を超え、LINE MUSICではMVウィークリー1位、 ソングリアルタイム2位、Billboard JapanではHeatseekers Songs3位、ソロとして初のトップ100入り(50位)を獲得するなど、さらなる話題となった。 2022年1月にはBESやISSUGIを迎えたEP『NOT FOR RADIO』をリリース。2月には変態紳士クラブとして初の武道館公演を達成。 そして、満を持して3年振りにリリースされるソロ・フル・アルバムが『COUNTER』だ。 また、Levi’s、adidas、Reebok、Diesel、Black Eye Patch、Calvin Klein、COLEMAN、Tight Booth、H&Mなどのファッション/スポーツブランドのモデルとしても採用されるなど、次世代のアイコンとして断トツの人気を誇る。

    アーティストページへ


    WILYWNKAの他のリリース

1%