ある夜の話のジャケット写真

歌詞

ある夜の話

照屋実穂

星を集めて 空に散らす

願い集めて 夜に浸す

羽を集めて 翼になる

風を集めて 空を飛ぼう

光集めて 虹を映す

七色染める 橋になった

闇を切り抜く 細い月

サラサラサララ 金色の月

雫集めて 空に落とす

キラリキラリ 涙にかわる

青い風に 青い夜

星とかわった いのちを照らす

  • 作曲

    照屋実穂

  • 作詞

    照屋実穂

ある夜の話のジャケット写真

照屋実穂 の“ある夜の話”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

  • ⚫︎

    ある夜の話

    照屋実穂

絵心のない私ですが、絵本を描くような気持ちで歌詞を書きました。絵が浮かんでくると嬉しいです。実は、姉が飼っていたペットのモルモットが亡くなったことがきっかけで書いた曲で、歌詞の一部にそっと想いを込めました。

【ジャケットについて】娘に歌詞を見せてイメージを伝え、音源を聞かせながら描いてもらいました。何気なく、天使の服にモルモットを描いてくれました。

◆歌・ピアノ:照屋実穂 

◆録音&ミックス:水谷勇紀(クラッキスイレブン)
◆ジャケットデザイン:鈴木多加志(クラッキスイレブン)
◆ジャケット絵:ちひろ

アーティスト情報

  • 照屋実穂

    シンガーソングライター。東京都出身。映画「フラガール」の音楽を担当していたジェイク・シマブクロが照屋実穂の声に惚れ込み、主題歌日本語バージョン「フラガール~虹を~」の歌唱と詞を担当。以来、スパリゾートハワイアンズのショーで使用されている。その他、NHKアニメ「彩雲国物語」第2シリーズのエンディングで「明日へ」をはじめ、ちい散歩、九州経済NOW、タカラレーベンCM、JAL機内映像、P&G「レノアハピネス」サウンドロゴ歌唱、フラガールズ甲子園2015公式ソング等を担当。2018年、自身初となる童謡などのカバーを中心とした3rdアルバム『この道』をリリース。以前よりフラと一緒に演奏することが多かったが、2021年より自身もフラを始め、よりフラやハワイアンを理解し、同時に表現の幅を広げようとしている。 ◆◆◆プロフィール詳細◆◆◆ 2006年、映画「フラガール」の音楽を担当していたジェイク・シマブクロが照屋実穂の声に惚れ込み、主題歌日本語バージョン「フラガール~虹を~」の歌唱と作詞担当。アコースティックサウンドの頂点に立つミュージシャンを迎えた、デビューアルバムをリリース。 2011年東日本大震災後、「フラガール~虹を~」が復興ソングになったことや、母の出身地が宮城県であることから、縁のある被災地での演奏を重ねる。 2012年6月、震災後、復興への祈りを込めて作った「紫陽花」の入ったシングルを自主レーベルより発売。(販売終了) 2014年、長女が生まれたことを機に、以前から取り組んでいた童謡が、日常の中で歌う身近なものになり、より力を注ぐようになる。 2015年9月、東日本大震災後の演奏活動など、様々な経験を糧にした9年ぶりのアルバム「My Life」を発表。「紫陽花」「フラガール~虹を~」、フラガールズ甲子園2015公式ソング「うたえおどれわらえ」などの他、日本語ハワイアン、沖縄民謡も収録されている。 2018年、育児を通して、改めて童謡の素晴らしさに気付いたことをきっかけに制作した、初めての童謡などのカバーを中心とした3rdアルバム「この道」をリリース。(2022年7月、配信・全国発売開始。)

    アーティストページへ


    照屋実穂の他のリリース

Ajisai Records

"