Waterslide IIIのジャケット写真

歌詞

Cool Cool Cool (feat. Osteoleuco & TOSHIKI HAYASHI (%C))

maco marets

のたまう cool cool cool

ぜんぶどうでもいいくせに

顔真っ赤に染めてる yeah me too……

I’m cool maybe

たぶんそれなり 格好だけはつけたがり

飾りつけたことば つるべうち

まるでニードル まつりのかたぬき

Kick it, kick it! ルーツにリスペクト

抱いて敬礼 で いまのstyleそれなぜなぜ

まぜてまぜて できたクールネス

だれのためでもなくて自分のため

へっへ 早良 FK CITYから

膿んだ childish mind いまだbusy

なにが正しいとかの話はナシ

ただ世界に交信中さ do you copy?

それはいつのまにかパッと色を変えた

ぼくだけのキルト 継ぎ接ぎだらけテディベア

にせものの目玉 光らせたワンダー

たしかなことなどひとつだってないがぁ

のたまう cool cool cool

ぜんぶどうでもいいくせに

顔真っ赤に染めてる yeah me too……

I’m cool maybe

そしてYou are cool too

正解はないぜすべてbeautiful

比較なんて意味ない

そんな悪癖にはこう言え

「さっさと失せろ、ベイビー」

壊れても復活

かつ勝つ気ますます倍増させて活躍

失敗できるのは挑戦した奴のみだ

そしてやがて流そうぜ嬉し涙

プロへのフローは

まず己がcoolだと知ることだbro

胸張って来た道のりが

キミの純資産だ

放てPKサンダー

要するにこのヴァースで言いたいことは

冒頭2行のコトのみ

I’m cool maybe

そしてYou are cool too

誇り高くRock

のたまう cool cool cool

ぜんぶどうでもいいくせに

顔真っ赤に染めてる yeah me too……

  • 作曲

    maco marets, Osteoleuco, TOSHIKI HAYASHI(%C)

  • 作詞

    maco marets, KSK

Waterslide IIIのジャケット写真

maco marets の“Cool Cool Cool (feat. Osteoleuco & TOSHIKI HAYASHI (%C))”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

  • 1

    hey stereo (feat. 宮田泰輔)

    maco marets

  • 2

    Waves (feat. A.G.O)

    maco marets

  • ⚫︎

    Cool Cool Cool (feat. Osteoleuco & TOSHIKI HAYASHI (%C))

    maco marets

  • 4

    Mizu no katachi (feat. 浮 & TiMT)

    maco marets

  • 5

    Forest Song (feat. TiMT)

    maco marets

  • 6

    July 11 (feat. sofrozyne)

    maco marets

  • 7

    words from haru. (feat. 宮田泰輔)

    maco marets

  • 8

    Sweatshirt Lovers (feat. 宮田泰輔)

    maco marets

東京を中心に活動するラッパー・maco maretsがさまざまなゲストを招いて制作したコラボ・アルバム。A.G.O(CIRRRCLE)、TOSHIKI HAYASHI(%C)、TiMT(PEARL CENTER / Mime / Pistachio Studio)、宮田泰輔(メロウ・イエロー・バナナムーン / South Penguin)といったプロデューサー陣に加え、客演にはKSK(MGF)とピアニスト・Shimon Hoshinoのニュープロジェクト、Osteoleuco(オステオロイコ)やシンガーの浮(ぶい)、クリエイターのharu.らが参加。ジャンルをゆるやかに横断しながら、ラフ&タイトなリリックで2020年春以降の空気感を表現した。

アーティスト情報

  • maco marets

    maco marets 1995年福岡生まれ、現在は東京を中心に活動するラッパー/MC。2016年に東里起(Small Circle of Friends / Studio75)のトラックメイク&プロデュースによるアルバム『Orang.Pendek』で「Rallye Label」よりデビュー。 その後セルフレーベル「Woodlands Circle」を立ち上げ、『KINŌ』(’18)『Circles』(’19)『Waterslide III』(’20)、そして最新作の『WSIV: Lost in November』(’21)とコンスタントにアルバムリリースを続けている。近年はEテレ『Zの選択』番組テーマソングや、Maika Loubte、Shin Sakiura、LITE、maeshima soshi、Mimeほかさまざまなアーティストとのコラボレーションワークでも注目を集める。 また詩文などの執筆業も積極的に行なっており、現在「Qetic」にて『葉書のえらびかた』(w/ 河澄大吉)、「HIDDEN CHAMPION Magazine」にて『DAY OFF』(w/ ragelow)連載中。そのほか一箱本屋「Woodlands Circle Books」の展開など活動は多岐にわたっている。 また詩文などの執筆業も積極的に行なっており、現在「Qetic」にて『葉書のえらびかた』(w/ 河澄大吉)、「HIDDEN CHAMPION Magazine」にて『DAY OFF』(w/ ragelow)連載中。そのほか一箱本屋「Woodlands Circle Books」の展開など活動は多岐にわたっている。

    アーティストページへ


    maco maretsの他のリリース
  • Osteoleuco

    アーティストページへ

  • TOSHIKI HAYASHI(%C)

    TOSHIKI HAYASHI(%C)は東京を拠点に活動する、DJ/BEAT MAKER、音楽プロデューサー。HIPHOPのBoomBapスタイルを基礎に、City PopやR&Bなど様々なジャンルの楽曲を制作。2019年にはマンハッタンレコードからBASI、鈴木真海子をftした「TIME IS OVER EP」を発表し、iTunes HIPHOPチャートにて1位を獲得。iri、SHE IS SUMMER、chelmicoへの楽曲提供や泉まくら、odolaやCBSのRemixを手がけるなどメジャー、インディーズ問わず良質な音楽を数多く提供している。またラップデュオchelmicoのサポートLIVE DJとしても活躍し、全国各地でライブを行っている。

    アーティストページへ

Woodlands Circle

"