トラックリスト

  • Play music
  • Play music

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

コロナ渦に沈むエンタメ業界で、着々とその勢力を伸ばしつつある男女ボーカルデュオ「STREET ACADEMY」

久しぶりのリリースは、切ない失恋ソングである「相槌」と、ポップでキャッチーな「地図にない現在地」。

ハッキリとコントラストが分かれた対照的な二曲だが、「これぞ〝 #すとあか〟」と思わせる独特の表現が数多くで見られる。

リード曲「相槌」は、
「なんとなく気付いていたんだ」そんな切ない予感から始まる恋の終わりと、その後のストーリー。

場所・時間などが具体的に描写されており、
聴いてるだけで、一本のドラマを見たかのような世界観に引き込まれます。

受け入れ難い別れと、今なお胸に残る愛情と記憶。
どっぷりと浸りたい方にオススメの失恋ソング。

カップリング曲「地図にない現在地」は、
作詞作曲を担当した優介自らが、学生時代に抱いた様々な葛藤を元に書き下ろされた楽曲。

何一つ特別な存在ではない自分自身が、描く希望の未来。
悩みや苦しみの中で行き着いたのは、
「緯度や経度じゃ測れない」今現在自分が置かれている場所で、とにかくワクワクする方向に進んでいこうという信念。

夢に向かい走り出して10年目。
節目の年に、STREET ACADEMYの根底にある姿勢を、ポップでキャッチーな演奏の上で表現してみせた。

「悩みを乗り越え、明るい未来を切り開くのは自分しか居ないんだ!!」と背中を押してくれる、中高生にオススメのポジティブソング。

明も暗も、あくまで自分達らしく表現する、
等身大な2人の世界観を是非ご視聴あれ。

アーティスト情報

  • STREET ACADEMY

    〝痛いほど刺さるメッセージ〟で話題の男女二人組クリエイティブアーティスト。 略して #すとあか 聴き手に限りなく近い心情や目線で作られたメッセージ性の高い楽曲に、 まるで一つの舞台を見せられているかのように作り込まれたパフォーマンス。 東京や、神奈川を拠点とする一方で、地方でのライブスケジュールの比率が多くなるほど、 その活動は全国的に広がりを見せている。 過去二度のワンマンライブはいずれもチケットは完売。 2019年6月には「二大都市ワンマンツアー」と題した初のツアーを大阪、東京にて開催。 〝都会の喧騒〟と、〝海辺のレジャー〟という全く異なる二つのシーンを舞台に、 「感傷と歓喜」、STREET ACADEMYの世界観を堂々表現して見せた。 2019年3月に、全国流通盤1st Album「Pocket Words」をリリース。 当アルバムのリード曲「君と僕を繋ぐ糸」は、KKB鹿児島放送の音楽番組 #Kingspe のエンディングテーマにも起用された。 最近では音楽活動だけに留まらず、根っからの体育会系っぷりをSNSで発信。 自らの身体を用いての検証動画や、身体に良い食事のレシピ、トレーニング日記など、 スポーティーな一面も発信し始めた。

    アーティストページへ

Boku Boku Records.