メモリーセブンのジャケット写真

歌詞

メモリーセブン

hotobori

待ちくたびれたね

君の横顔を少し眺めながら

疑うことはない

レールを外れるぐらいに揺れたのさ

幸せはゼロサムゲーム

なんて話を続ける

もう戻らなくてもいい

弾け飛んでゆく奇妙な球体が

もう交わることのない

線の上で壊れてゆく

あの好きな映画の

サウンドトラックを流しながら

思い出に浸った思い出を

ポケットにしまって家を出る

きっとどれを選んでも後悔する

僕ら以外の姿はない

もう戻らなくてもいい

弾け飛んでゆく奇妙な球体が

もう交わることのない

線の上で壊れてゆく

消さないで残しておいた古い記憶を

いつまでも追いかけていたけど

もう戻らなくてもいい

弾け飛んでゆく奇妙な球体が

もう交わることのない

線の上で壊れてゆく

  • 作曲

    羽田野 元彦

  • 作詞

    羽田野 元彦

メモリーセブンのジャケット写真

hotobori の“メモリーセブン”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

  • ⚫︎

    メモリーセブン

    hotobori

"hotobori"の2作目となる配信限定シングル。
明るく軽快なビートに乗るピアノやクランチギターが一見爽快さを感じさせるが、それに反した歌詞とメロディは晩秋の哀愁をも漂わせる。
キリンジや山下達郎などのAORに影響を受けたこの曲は、最後まで優しい歌声を続けているが、そこで紡がれる言葉は厳しく、ポップさの中に「もう戻らなくてもいい」という覚悟のようなものを感じさせる。
日没の頃にドライブしながら聴いてほしい一曲。

過去プレイリストイン

メモリーセブン

Spotify • tuneTracks Weekly • 2020年11月21日 Spotify • Edge! • 2020年11月18日

アーティスト情報

  • hotobori

    羽田野元彦(Vo,Gt)、所澤誠(Key.)、石川達也(Ba.)、タネダミツアキ(Dr.) 前身バンド"ごっこ"は2017年に活動を休止。 約3年の潜伏期間を経て、2020年8月、"hotobori"を改めて結成し、活動を再開した。 「心にグッと、グッドミュージック。」をキャッチコピーに掲げ、"hotobori"というバンド名には「聞いた後に何か残り火のようなものが残る音楽を作っていきたい」という思いが込められている。 都会的な音の中に、ノスタルジーな温もりを感じさせる。

    アーティストページへ

"