トラックリスト

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理事業者等が管理する楽曲は試聴できません。

「雨音」は雰囲気をがらりとチェンジ。エレクトリックピアノの印象的なフレーズとセンチメンタルなメロディが響く、メロウなミディアムチューンとなっている。
作曲編曲は、赤羽をテーマにジャズ、チル、ハウスなどをミックスした楽曲を聴かせる話題の下町シティポップバンド、赤羽ニューロマンチカのMitsuoが担当。
歌詞は、吉川本人が手掛けている。遅く起きた雨の日曜に恋人への想いを巡らせる歌詞を、彼女はキュートな心地いいボーカルで歌っていく。
雨というワードはネガティブな印象を受けることが多いが、この曲では、想いを馳せる相手と自分を繋ぐハッピーなものとして描かれている。雨が降る中、部屋で一つのプリンを食べながらくだらない話をしているたわいもない時間。土砂降りで一つの傘に入り、お互い雨に濡れてしまうという状況。些細な出来事に深い愛情を感じるという、とてもかわいい恋心が詰まった楽曲といっていいだろう。
季節は、夏から秋へと移っていくタイミング。夏の喧騒が過ぎ去り、少し寂しさを感じる黄昏モードなシーズンでもある。小さな幸福感の大事さを改めて見つめさせてくれるこの「雨音」が、今の季節のBGMとして聴き手の心にそっと寄り添ってくれるはずだ。

過去ランキング

甘雨

iTunes Store • J-Pop トップソング • ロシア • 55位 • 2022年10月2日

過去プレイリストイン

甘雨

Spotify • アイドルポップ:ジャパン • 2022年9月24日

アーティスト情報

  • 吉川茉優

    吉川茉優 よしかわまゆ 1998年5月28日(24歳) 秋田県出身 中学生時代から地元秋田のグループpramoのメンバーとしてアイドル活動をスタート。 2017年2月にオーディションを経てアップアップガールズ(2)の結成メンバーとなった。 マシュマロボイスと呼ばれる特徴的なボーカル、170cmのスタイル、トレードマークのポニーテールで結成当初からアプガ(2)のエースとしてグループを牽引してきた。 活動を続ける中、歌の表現力は急上昇。かわいさ、しなやかさ、かっこよさを伝えられるボーカリストとして成長を遂げた。 2022年3月20日には、自身が作詞を務めたソロ曲「恋藍」を配信リリース。 そして、5月22日にCLUB CITTA'で行われたアプガ(2)のワンマンライブ『アップアップガールズ(2)春ツアー 〜2022年はニキの年!ファイナル!〜』をもってグループを卒業。 ソロアーティストとして新たな一歩を踏み出すこととなった。

    アーティストページへ


    吉川茉優の他のリリース

YU-Mエンターテインメント