トラックリスト

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理事業者等が管理する楽曲は試聴できません。

Kinamiの最新シングル「Don't need to let it go」は、インディペンデント・アーティストを支える音楽ディストリビューター、TuneCore Japanの10周年記念ブランドムービーのために書き下ろされた楽曲。彼女自身が、音楽レーベルや事務所に所属しない “インディペンデント・アーティスト” として経験してきた葛藤が、80年代を思わせる力強くグルーヴィーなサウンドに表現されている。

10月10日、世界メンタルヘルスデーにリリースされる今作。”必要なときは、ためらわずに助けを求めてもいい (Don’t need to let it go) “と、歌詞に込められたメッセージにも注目しながらも、まずは思わず踊り出したくなるような絶妙なサウンドを楽しんでもらいたい。

現在プレイリストイン

Don't need to let it go

Apple Music • 78 musi-curate TuneCore Japan zone Apple Music • バレンタインtracks - LOVE & HAPPY Spotify • NEOWN Apple Music • NEOWN Apple Music • New Year Tracks Apple Music • Errday

過去プレイリストイン

Don't need to let it go

Apple Music • MUSIC SHARE • 2023年12月1日 Spotify • Dance Pop: Japan • 2022年10月12日 Spotify • RADAR: Early Noise • 2022年10月12日 Apple Music • 最新ソング:オルタナティブ • 2022年10月14日 Deezer • New from Japan • 2022年10月12日 Spotify • New Music Everyday - tuneTracks (curated by TuneCore Japan) • 2022年10月11日 Spotify • The Pulse of J-Rap • 2022年10月15日 Spotify • Best New Music: DIGLE SOUND • 2022年10月17日 Spotify • Monday Spin • 2022年10月17日 Spotify • New Music J-Pop • 2022年10月14日 Spotify • New Music Wednesday • 2022年10月12日

アーティスト情報

  • Kinami

    多様な音楽シーンが台頭する沖縄を拠点に活動する、バイリンガル・シンガー・ソングライター Kinami。自らの経験を解釈し、インディ・オルタナティブなサウンドにのせて、感情豊かに歌い上げる。 沖縄という地を媒介に、国内外幅広い音楽から影響を受け、音楽の道を志し、2014年に開催されたX FACTOR OKINAWA JAPANへ出場。実力揃いの参加者が多い中、審査員からそのポテンシャルを高く評価される。その後単身で渡米し、名門バークリー音楽大学へ入学。世界中から集まるアーティストとともに才能を磨き合い、2022年、ついに日本での音楽活動を本格化させた。 リリースのたびに、各音楽配信サービスの大型プレイリストに選出され、前作「Celebrity Posters」はアジア7カ国の “New Music Friday”にチャートインするなど、国内外で大きな反響を呼んだ。日本を飛び出して、世界での活躍を強く確信させられる、最も注目したいアーティストの1人。

    アーティストページへ


    Kinamiの他のリリース