トラックリスト

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

アマネトリル4th Singleは、シティポップギターにおける原点でもある鈴木茂のトロピカル・リゾートな名作「LAGOON」(76年)より「LADY PINK PANTHER」をカヴァー。

原曲へのリスペクトを表しながらも、アマネトリルサウンドの一面でもあるラテンテイストを匂わせるアプローチで有機的に体現した本作は、ゲストボーカルにウエストコーストなサウンドで今注目のフォーク・ロックバンド<秘密のミーニーズ>より、菅野みち子を迎え、男女混声によるメロウなハーモニーでアレンジをシャープに輝かせている。また、共同プロデューサーにはキーボーディストの井上薫(高中正義、Chara、矢沢永吉のサポートも務める)を迎え、前作のセルフプロデュースの枠から新たな一歩を踏み出した。

発売から45年経った現在でも色褪せない原曲。その素晴らしさを知るリアル世代の人から、平成・令和の若者世代まで、音楽が時と人を繋ぐ新たなキッカケともいえる作品になった。

現在プレイリストイン

LADY PINK PANTHER

Spotify • tuneTracks Weekly Spotify • City Pop: シティ・ポップの今

アーティスト情報

  • アマネトリル

    70~80年代の音楽を現代的なポップソングに昇華した、懐かしくも新しい西海岸サウンドがグルーヴするツーメンユニット「アマネトリル」。 ラジオDJや楽曲提供などマルチな活動をしてきたMasahiro (左) と、米国ボストンのバークリー音楽大学ギター科で学士号を取得し、その後NYで活動していたYujin (右) の2人がタッグを組み、2018年結成。 「アマネトリル」の由来は、新年会でスタッフが差し入れで持ってきた日本酒の名前「天音」( 音楽を聴かせて熟成させた、いわゆる音楽酒)の響きを二人が気に入り( 味も)、さらに音楽奏法における装飾音「トリル」( 震音) から、心を震わせるような音楽を目指すという意図を込め、2 つの言葉を並べ合わせた造語である。

    アーティストページへ

Azabudai Music Communications