フラワーケースのジャケット写真

フラワーケース

牧野雅己

トラックリスト

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

30年間クラブシーンを創り、走り続けた DJ 牧野雅己の 70s & 80s
City Pop Re-Makeアルバム "フラワーケース"♪ あの名曲達が Masami's Re-Make で 今また咲き蘇る!! 誰もが一度は耳にした、そして口ずさんだ SMASH HIT'S 12 SONGS! 12人の DIVA (歌姫) ... 12 Re-Mix... 12本の FLOWER SONGS=♪FLOWER CASE

アーティスト情報

  • 牧野雅己

    牧野雅己 1965年1月6日生 東京生,東京育ち 1984年に新宿TSUBAKI HOUSEでDJデビュー。以降、80年代から90年代至るまで六本木玉椿、西麻布TOOLS BAR、六本木ODEON、渋谷CAVE、新宿MILOS GAREGE等々、数限りないクラブにおいてメインDJを努める。中でも自身でプロデュースした新宿MILOS GAREGEは今も伝説クラブとして名を残す。DJ活動と同時に、プロデューサー、トラックメーカーとしても活動。代表作に自身のプロデュースユニット"INNER CITY JAM ORCHESTRA"の大ヒットハウス"WE GOT THE LOVE" などがあり、数々の音楽制作やプロデュースでスマッシュヒットを飛ばし続ける。2001年六本木"ソノラ "を初めて経営者の立場でオープンし独自の音楽感でソノラをプロデュース。現在他に類を見ないイベントを行い2013年11月の閉店までソノラを盛り上げ続けた。一度体験した者ならば誰でも虜となってしまうような強烈な訴求力を持つそのプレイは、 永年の現場経験によってしか培うことのできないものである。 つねに現場にあって日本のクラブシーン創世期を築いた功労者の一人である。 現在は、Techno や EDM とは一味違う、Funky,Swing,Latin などをモチーフにした Jackin' House のプレイや制作で精力的に活動中!

    アーティストページへ

Music Mountain