待宵影 -マツヨイカゲ-

  1. 待宵影 -マツヨイカゲ-

「来るべき人を待つ宵(夜)」という意味を持つ「待宵影」。日本語のおくゆかしさや風情を想わせるその古風なタイトルとは裏腹に、近未来を彷彿とさせるダンスビートやトランシーなシンセサイザーを軸とし、ソリッドかつアグレッシブなJOEのドラムと、叙情的でありながらも小気味よく突き抜けるRickyのハイトーンボイスにより構築されたサウンドはまさに過去と未来を融合した唯一無二のDASEINワールド=HYPER BEAT ROCK。アレンジャーにDASEIN初期のサウンドを手掛けた樫原伸彦氏を迎えた事により、これぞDASEINという真髄を味わえる作品となっている。いつの世でも、人間とは禁断の色恋沙汰に溺れる生き物である。理性と欲望、天国と地獄の狭間で一喜一憂し、それでもなお、宵の影にて血(愛)をすすり合う姿はまるで、美しくも危ういヴァンパイアのようである。

DASEIN

2001年1月1日、avexよりメジャーデビュー。 爆発的パワーとヘヴィかつ的確なビートにより狂気のグルーブを生み出すドラムのJOEと、 幅広い声域と艶のある力強いハイトーンボイスでポップス、ロック、シャンソン、 特撮ヒーローソングまでを変幻自在に歌いこなすボーカルのRickyからなる二人組ユニット。 DASEIN(ダーザイン)=現存在。11枚のシングルと2枚のアルバムをリリースし、 のちにHYPER BEAT ROCKという独自の音楽スタイルを確立する。 2004年1月、渋谷公会堂2daysをもって解散。 結成10年目となる2010年にSHIBUYA-AXにて復活を遂げ、 2017年には約15年振りとなる3rdアルバム「唯、此処に在ることが愛しくて」をリリース、2019年4月には通算16枚目となるシングル「じっとみつめたい」リリースするなど、現在も音楽シーンでその異彩を放ち続けている。結成から20年目となる2020年には大規模な全国ツアーも予定している。

アーティストページへ

Soconial RECORDS