23のジャケット写真

歌詞

首都高MIDNIGHT

KOJOE

Imma finn to go

都会の雑踏

駆け抜けるBeema fully loaded 4 sure

A moment ago

It was all good

Jus when u thought it was safe u lose ur 幸福

I ain’t askin much

Even the bad luck

Embrace erything that’s givin so WTF

流す涙に

要らねぇ貸し借り

揺れる街の記憶夜に振り出し

出会いと別れ

何度も繰り返し

襲われた虚無感返り討ちする歌詞

Imma be the leader 今 向かう 日は

孤独の島でstack my figure

地下 しか 居場 所が無い

ヒーローと潜るDeeperな底で唸るSpeaker

時間が足りない

My time’s running out

But imma make it to the finish line wit my mic burning out

Late night 首都高でPharcyde

Late night 首都高でJ-Cole

Get my mind right

Late night 首都高でNas

Late night 首都高でKendrick

Get my mind right

Late night 首都高、mission1つ終え出来た曲

Its been a long time

アルコールじゃなくまくtallなtree

逆走は危険だから前を見る

ジャンクションだらけkill you bad mind

108つは貪欲何が足んない

カテゴライズできないレーンそれぞれ持つ

とめどないハンドル捌きが必要

自動じゃ思想は起動せず

ピヨってたらクラッシュそれ当然

理想があるなら昨日は過去

オレ自身も正すmind

他の音楽じゃ満たせない所

Rapperだけ焦がす心の底

Issugi,Kojoe,だよなMuKuRo

オレらMusicに愛された男

Late night 首都高でPharcyde

Late night 首都高でJ-Cole

Get my mind right

Late night 首都高でNas

Late night 首都高でKendrick

Get my mind right

1pac, 2pac, 3pac, 4

Like a 8mile みたいなsuccess story

HipHop music 皮切りにmy Life

Going up to the sky

またはfalling Down

抜け出す手段の1つ のはずが

いつの間にか夢を見るようになる

Sounds everything around me

You know what it is

Everybody talk about me

Mid night driving 風を切って歌う

My loco townから乗り込むhigh way

まだ見えないSunshine 雨に濡れ歌う

立ってるだけ じゃ我慢の限界

視点変え点火

高く飛ぶfly away

やがて どうせ bitches gonna run away

Late night 58で 仲間と歌う

Get my mind alright ?

Get the my Life

  • 作曲

    KOJOE

  • 作詞

    KOJOE, ISSUGI, MuKuRo

23のジャケット写真

KOJOE の“首都高MIDNIGHT”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

23

KOJOE

アーティスト情報

  • KOJOE

    新潟生まれ、NYクイーンズ育ち。07年にNYのインディペンデント・レーベル、RAWKUSと契約し、コンピレーション『Rawkus 50 Mixtape Vol.1』に参加するもその後にRAWKUSが閉鎖。09年に帰国後は英語と日本語をミックスし、ラップと歌の二刀を使い分けた高いスキルのラップ・スタイルを武器に数々のアーティストと共演するも、完全インディペンデントなスタイルを貫き通した孤高のラッパーとして日本のシーン内で特異な存在を確立。同業者からも圧倒的な支持を受け、様々なレーベルから様々な名義で作品をリリースし、近年はOLIVE OILや5lackとのリンクで新たなファン層を広げているバイリンガル・ラッパー。

    アーティストページへ

  • ISSUGI

    アーティストページへ

  • MuKuRo

    昨今、ムーブメントの煽りを受け、日本のHIPHOPシーンが盛大に加速する傍ら ”誰でも歌えるリリック”や、”似た様なMC”が急増。 そんな中で、ムーブメントに目もくれず、最南端沖縄県那覇市よりその名を業界中へ轟かすMC。 その比類なきスキルは楽曲のみならず、一度体感すれば有無を言わさずに納得してしまうほど、圧巻のLIVEスキルと熱量を併せ持つ。 また、全てをストリートでの交流で培った”バイリンガルスキル”は、MuKuRoとその他のMCとの特筆すべき違いである。 進化を続けるHIPHOPの新たな可能性を感じ取って欲しい。 今年まさに注目すべき、MCの一人である。

    アーティストページへ

J Studio

"