StoryMakerのジャケット写真

歌詞

StoryMaker

STREET ACADEMY

間違いとか正解はナンセンス

でも僕は今日も自分を殺して

果てない夢に向かって叫ぶWow

そりゃたまに

不甲斐ない昨日や不安に打たれて

肝心な今日も無駄にしたりしてさ

惨めに一人肩を揺らす日も

アスファルト蹴る

同時に香り出す

もうじきこの場所にRain shower

Washing away all my pain

Turning up 約束とフレーズ

昨日も今日も空の向こう側から

君を感じるんだ

Making the way

行き止まりはどこにもないぜ

前に進むだけが人生じゃない

壁にぶち当たっても右へ左へ

Making the way

我慢強くbelieve myself

さすりゃいずれ拓ける道がある

I'm living in…

Story Maker

社会のマリネット

じゃないぜって

気張る程に周りが笑い出す

堪えきれずにcry...Wow

確かに目を引く話題も

タイトルも存在しない

今日までのマイライフ

だとしても恥じらい

生きる事はないぜ

アスファルト蹴る

同時に香り出す

もうじきこの場所にRain shower

Washing away all my pain

Turning up 掴み取るまで

噛み締めるfeelがプライド

傷跡描く夢のアート

Making the way

行き止まりはどこにもないぜ

前に進むだけが人生じゃない

壁にぶち当たっても右へ左へ

Making the way

我慢強くbelieve myself

さすりゃいずれ拓ける道がある

I'm living in…

Story Maker

星になった貴方の言葉が今も

僕の身体を突き動かしてるんだ

Making your way

Making the way

行き止まりはどこにもないぜ

前に進むだけが人生じゃない

壁にぶち当たっても右へ左へ

Making the way

我慢強くbelieve myself

さすりゃいずれ拓ける道がある

I'm living in…

Story Maker

  • 作曲

    優介

  • 作詞

    優介

StoryMakerのジャケット写真

STREET ACADEMY の“StoryMaker”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

StoryMaker

STREET ACADEMY

心に刺さるメッセージとして〝エモい歌詞〟で注目を集める男女ユニットSTREET ACADEMY。
コロナ禍、ホールでのワンマンライブが中止されるなど、活動の中断も余儀なくされたが、自粛期間中にも積極的に制作活動を続けてきた2人。

リード曲「StoryMaker」は、優介の祖父が生前、最後にかけてくれた言葉をサビに使い、自分自身が人生を作っていくという強い意志と、聞き手を奮い立たせるようなメッセージソングとなっている。

「消えないDAY」は、長くライブで愛されてきた、センチメンタルな想いを投影した楽曲。歳を重ねるにつれて、一歩が踏み出しにくくなる〝大人の心情〟や、時と共に薄れゆく記憶を、1日でも長く、大切に心に刻み続けたいと願う〝大人の願い〟が描かれた楽曲である。

多くの困難を乗り越え、戻ってきた二人の成長をご堪能あれ。

アーティスト情報

  • STREET ACADEMY

    〝痛いほど刺さるメッセージ〟で話題の男女二人組クリエイティブアーティスト。 略して #すとあか 聴き手に限りなく近い心情や目線で作られたメッセージ性の高い楽曲に、 まるで一つの舞台を見せられているかのように作り込まれたパフォーマンス。 東京や、神奈川を拠点とする一方で、地方でのライブスケジュールの比率が多くなるほど、 その活動は全国的に広がりを見せている。 過去二度のワンマンライブはいずれもチケットは完売。 2019年6月には「二大都市ワンマンツアー」と題した初のツアーを大阪、東京にて開催。 〝都会の喧騒〟と、〝海辺のレジャー〟という全く異なる二つのシーンを舞台に、 「感傷と歓喜」、STREET ACADEMYの世界観を堂々表現して見せた。 2019年3月に、全国流通盤1st Album「Pocket Words」をリリース。 当アルバムのリード曲「君と僕を繋ぐ糸」は、KKB鹿児島放送の音楽番組 #Kingspe のエンディングテーマにも起用された。 最近では音楽活動だけに留まらず、根っからの体育会系っぷりをSNSで発信。 自らの身体を用いての検証動画や、身体に良い食事のレシピ、トレーニング日記など、 スポーティーな一面も発信し始めた。

    アーティストページへ

Boku Boku Records.

"