StoryMakerのジャケット写真

歌詞

消えないDAY

STREET ACADEMY

君にとって

今日という1日が

歳を取って

記憶が薄れてしまっても

大好きなあの子に告白したり

嫌いなトマトに挑戦したり

逆上がり出来たあの感覚をもう一度

呼び戻したいのに

なんでなんだろう?

歳取るごとに怖くなるよ

頭で分かってるのに

自然と身体が固くなるよ

どんな不安も

未来を想うと

ちっぽけだと思える

それが日々のおまじない

日記に記すなら

最高のDAYS

君にとって

今日という1日が

歳を取って

記憶が薄れてしまっても

大切な1日だって

思い出せますように

そんな日になりますように

待ちに待ったこの給料日

あの子に指輪を買おう

急に空いた金曜日

家族に会いにゆこう

こんな些細な一歩

が誰かに生み出す一興

殴り書いた下書きノート

も自然と色が付くよ

ほんのわずかな

些細な幸せが

きっと君を満たしてくれるよ

想像なんて

越えてくほど

それが

大切なんだよ

君にとって

今日という1日が

歳を取って

記憶が薄れてしまっても

大切な1日だって

思い出せますように

そんな日になりますように

薄れゆく記憶

必ず終わりは来るけど

だからこそ

人生美しい

君にとって

今日という1日が

歳を取って

記憶が薄れてしまっても

大切な1日だって

思い出せますように

HEY HEY

どうかなりますように

君の人生

君だけのモノって思うと

息苦しくなるから

大切なあの人が笑ってる

だからこそ僕も笑える

そんな人になれますように

  • 作曲

    優介

  • 作詞

    優介

StoryMakerのジャケット写真

STREET ACADEMY の“消えないDAY”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

StoryMaker

STREET ACADEMY

心に刺さるメッセージとして〝エモい歌詞〟で注目を集める男女ユニットSTREET ACADEMY。
コロナ禍、ホールでのワンマンライブが中止されるなど、活動の中断も余儀なくされたが、自粛期間中にも積極的に制作活動を続けてきた2人。

リード曲「StoryMaker」は、優介の祖父が生前、最後にかけてくれた言葉をサビに使い、自分自身が人生を作っていくという強い意志と、聞き手を奮い立たせるようなメッセージソングとなっている。

「消えないDAY」は、長くライブで愛されてきた、センチメンタルな想いを投影した楽曲。歳を重ねるにつれて、一歩が踏み出しにくくなる〝大人の心情〟や、時と共に薄れゆく記憶を、1日でも長く、大切に心に刻み続けたいと願う〝大人の願い〟が描かれた楽曲である。

多くの困難を乗り越え、戻ってきた二人の成長をご堪能あれ。

アーティスト情報

  • STREET ACADEMY

    〝痛いほど刺さるメッセージ〟で話題の男女二人組クリエイティブアーティスト。 略して #すとあか 聴き手に限りなく近い心情や目線で作られたメッセージ性の高い楽曲に、 まるで一つの舞台を見せられているかのように作り込まれたパフォーマンス。 東京や、神奈川を拠点とする一方で、地方でのライブスケジュールの比率が多くなるほど、 その活動は全国的に広がりを見せている。 過去二度のワンマンライブはいずれもチケットは完売。 2019年6月には「二大都市ワンマンツアー」と題した初のツアーを大阪、東京にて開催。 〝都会の喧騒〟と、〝海辺のレジャー〟という全く異なる二つのシーンを舞台に、 「感傷と歓喜」、STREET ACADEMYの世界観を堂々表現して見せた。 2019年3月に、全国流通盤1st Album「Pocket Words」をリリース。 当アルバムのリード曲「君と僕を繋ぐ糸」は、KKB鹿児島放送の音楽番組 #Kingspe のエンディングテーマにも起用された。 最近では音楽活動だけに留まらず、根っからの体育会系っぷりをSNSで発信。 自らの身体を用いての検証動画や、身体に良い食事のレシピ、トレーニング日記など、 スポーティーな一面も発信し始めた。

    アーティストページへ

Boku Boku Records.

"