taiyo

  1. taiyo
  2. Burnable waste

今作「太陽」はキャラメルパンチには珍しいラブソング。単調さの中に美しさも光るメロディーラインにフィクションの様な世界観を思わせる楽曲だが、石井ユージが紡ぐ言葉の節々にリアルな “今を生きる故に抱く葛藤や希望” を強烈に感じることができる。
思い切り掻き鳴らすディストーションからベロシティの低いクリーントーン、またメロディーとユニゾンし、時に「これでもか」と主張するベースとドラム。 “か細さ” を一切感じさせないスリーピースから放たれる壮大感には胸を打ち鳴らされる。
一見ただのラブソングをロックへ昇華する彼らの拘りと執念がこの曲の輪郭を力強く縁取っている。まさに優しくも力強い “パワーバラード” 。

カップリングには「燃えるゴミ」。バカげたタイトルに似つかわず真剣に現代を風刺する楽曲となっている。キャラメルパンチらしいアップテンポのエイトビートが熱く心地良い。シンプルさの中にもコードに対するテンション感や奇をてらう拍子が組み込まれ、彼らの “自由に音楽を追求する姿勢” の際限無さが垣間見れる。

両極端な今作だが結局共通するのは “熱さ" 。時代を経ても変わらず熱く、更には表現のレンジを広げ続けるキャラメルパンチの進化をこれからも見つ続けて行きたいと思える2曲となっている。

CARAMELPUNCH

In 2007,Yuji Ishi(Vocalist and guitarist) made up his mind to challenge himself and perform on the streets all around the country. He departured on a journey to accomplish his purpose. Then He met TANK BALL(Bassist)at Matsumoto station in Nagano.After they finished their voyage,they formed [Caramel Punch]in 2009. They welcomed Syugo(drummer) as a support drummer. Their live performance is so passionate and soulful.They express strong message with very warm comical songs which never leave audience's heart. CARAMELPUNCH has changed drummer twice, however Syugo came back in 2016. CARAMELPUNCH is pursuing original style mindlessly right now. That style is called [Taiiku Kaikei Seitouha 3 pieces Rock band]in Japanese. It means [Athlete soul impact for the music] Let's go to see the limitless blue over our emotion!!

Artist page

Hooky Records