Best is yet to comeのジャケット写真

Best is yet to come

トラックリスト

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理事業者等が管理する楽曲は試聴できません。

- Best is yet to come -
iTunes総合チャート19位獲得!
『これから挑戦する人へ』向けての応援ソング。
大学時代に本格的に音楽活動をスタート。グループの結成、メジャーデビューを果たすも、当時問題を抱えていた喉の状態が悪化。グループ脱退、活動休止を余儀なくされる。失意の中で、恩師にかけられたことば「君のベストは今じゃない」に、一筋の光を見いだし、術後のリハビリを経て、ソロシンガーとして再起。自身の座右の銘をタイトルに冠し、挫折と再起、未来への希望と覚悟を詰め込んだこの一曲はファンならずとも必聴。

過去ランキング

Best is yet to come

iTunes Store • R&B/ソウル トップミュージックビデオ • フィリピン • 4位 • 2022年6月15日 Apple Music • R&B/ソウル トップミュージックビデオ • グアテマラ • 7位 • 2022年9月1日 iTunes Store • 総合 トップミュージックビデオ • フィリピン • 40位 • 2022年6月15日

アーティスト情報

  • HighT

    HighT(ハイト)、徳島市出身在住のミュージシャン、クリエイター。 大学在学中に関西にてインディーズデビュー。その後活動を始めたダンスボーカルグループでメジャーデビューを果たしオリコンデイリーチャート27位になるもデビュー後すぐに脱退。さらにグループ時代から喉を痛めていたのもあり、脱退後ソロになるも早々にドクターストップ。 療養のため地元徳島に帰省し、喉の手術をする。半年間の活動休止期間も経て、2018年夏、徳島にて一から再スタートしようと個人事務所設立。アーティストとしてだけではなく作家、楽曲提供やデザインなどのプロデュース、イベンター、ライブブッキングなど数多くの事業も手掛ける。現在はYoutubeやオンラインサロン運営を主軸にし、「挑戦する人の背中を押す」をコンセプトに活動をしている。座右の銘をタイトルに冠した最新曲「Best is yet to come」はiTunesアルバムランキング、ジャンル別1位、総合19位獲得。ミュージックビデオにはHighTの幼馴染の元俳優、冨浦智嗣を主演に抜擢。

    アーティストページへ


    HighTの他のリリース

HIGHTRAX Records