Twilight Worldのジャケット写真

歌詞

Even If A Revolution Was To Happen

CrowsAlive

Sadness, happiness, anger

(Feeling everything)

Pain, heat, pulse

(As if it's in my hands)

Color, scent, taste

(I have evolved in order)

Past, present, future

(To transcend)

Even if a revolution was to

Happen I'll still stay sad

No matter how much love I learn

I'll still stay all alone

Tears, wounds, blood

(Feeling everything)

Silence, screams, souls

(As if it's in my hands)

Weakness, strength, heart

(I have evolved in order)

Lightness, darkness, future

(To transcend)

Feeling everything

Feeling everything

Feeling everything

Just feeling everything

Feeling everything

Feeling everything

Feeling everything

Just feeling everything

Even if a revolution was to

Happen I'll still stay sad

No matter how much love I learn

I'll still stay all alone

Even if a revolution was to

Happen I'll still stay sad

No matter how much love I learn

I'll still stay all alone

Even if a revolution was to

Happen I'll still stay sad

No matter how much love I learn

I'll still stay all alone

  • 作曲

    CrowsAlive

  • 作詞

    Kenta

Twilight Worldのジャケット写真

CrowsAlive の“Even If A Revolution Was To Happen”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

"この混沌とした残酷で時に美しい世界
現代社会において生きる術を探す"
というテーマを元に、昨今の世界情勢を背景に制作した自身初となるコンセプトアルバム。

"An Empty Sky Where Our Souls Meet" から始まり、"Dawn" でストーリーの最後を迎える。
このアルバムを聴いた者の世界を彩るだろう。

Falling AsleepのフロントマンVinny、
mildrage、POOLのフロントウーマンMEGを客演に迎えて収録された今作は、オルタナティブを軸にして幅広い音楽性を提示し、現代を生きるロックバンドにしか歌えない思いを綴った。

俺たちの見据える未来の行く末は何処か。
俺たちは黄昏に生きる。
Twilight World.

アーティスト情報

  • CrowsAlive

    2016年結成、4人組オルタナティブ・ロックバンド "CrowsAlive"(クロウズアライブ)。 凛とした重厚なバンドサウンドと、VocalのKentaが歌い上げる心の琴線に触れる美しいメロディーは、壮麗なサウンドスケープを織り成し、そこに生まれるシネマティックなライブ・パフォーマンスに中毒者続出。 バックボーンにあるロック、ポップ、メタル、エレクトロといった「ジャンル」の境界線を独自のブレンドで溶かし、型やトレンドに囚われないCrowsAliveは、無限の可能性を更新し続けている。

    アーティストページへ


    CrowsAliveの他のリリース
"