まどろみの愛好会のジャケット写真

歌詞

荒野の好々爺 (北風版)

HANAFUBUKI

コーヤのコーコーヤ

木陰でギターを弾いている

暮らしかけたこともあった

どこかのさびた村

コーヤのコーコーヤ

川辺で口笛吹いている

たったひとりの友達は

子馬のトムソーヤ

コーヤのコーコーヤ

小枝で線画を描いている

ひび割れた壁の部屋は

ソーバのハンガクダ

黄昏の色が深まる

誰かの足音が聞こえる

支えきれず軒先傾く

コーヤのコーコーヤ

手笛でカラス呼び寄せる

ハトと語り明かしあった

「モッカのジョーセーは・・」

習わしの村を離れて

真昼から夢を爪弾く

忘れられぬ調べがこぼれる

真夜中の色が深まる

コウモリの羽ばたき聞こえる

抑えきれず雨水したたる

うたかたの朝をむかえる

とめどもなく

コーヤのコーコーヤ

コーヤのコーコーヤ

木陰でギターを弾いている

暮らしかけたこともあった

どこかのさびた村

  • 作曲

    藤堂直己

  • 作詞

    藤堂直己, 柴田洋子

まどろみの愛好会のジャケット写真

HANAFUBUKI の“荒野の好々爺 (北風版)”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

HANAFUBUKIの2021年8月配信開始のアルバム『まどろみの愛好会』。
ひとつのコードだけで爽やかに奏でられる「おはよう」、5拍子と6拍子の伸びやかなメロディーの「きらめく」、駄洒落から生まれた歌詞とマイナーな曲調の「荒野の好々爺」、柴田洋子が幼少期から空腹時に口ずさんでいたメロディーを基にした「おなかがすいた」、京都・宝ヶ池でのひとときを歌った「宝ヶ池」などの歌を収録。
「おはよう」「荒野の好々爺」「きらめく」は2バージョンの異なるアレンジを収録。
インストルメンタル曲はドラムループとフルートで奏でる「障子の部屋で鏡踊り」、クラシックギターで弾いた「たそがれの木」、エレキピアノだけのシンプルな「鴨川」の3曲。

アーティスト情報

HANAFUBUKI

"