トラックリスト

  • Play music

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

Kōya Ogata が、新曲『おとみち』の配信を発表。

今回は靴職人/アーティスト、Noriyuki Misawaの新作シリーズ映像の為に制作。
音楽を「靴」で表現した三澤氏の作品映像に、5つのドローン・アンビエントの構成で映像を彩り、広がりを加えている。

映像の撮影場所は、広島県の尾道。
かつて尾道の山手では、神社仏閣以外の建物を建てる事は許されなかったという。
そんななか特例的に建てることが許されたのが今回の映像にある「出雲屋敷」と呼ばれた建物。
出雲国松江藩の役人が綿や御用塩、銀などの交易のために滞在する詰め所として使われていたらしい。

江戸時代に建てられた「出雲屋敷」は、
数寄屋建築の研究における第一人者として知られた建築家・中村昌生が、2013年に現在の一棟貸しの施設へと再生させた。

そのような風情ある建物に靴が置かれている空間。
そこに音楽を溶け込ませることを追求し、その結果、時間軸を戻す「逆再生」を施することで求める音が実現されている。

靴作品と凛とした空間に調和したサウンドを、
はるか昔の人々の交流に思いを馳せながら、聴いて欲しい。

・映像
https://www.youtube.com/watch?v=sla_nbWPpH8

・靴作品について
タップダンサーのための靴を制作して以来、靴で音楽を奏でるという着想から始まった、
東京を拠点に活躍する靴職人/アーティスト 三澤則行の作品「MUSICシリーズ」。
バイオリン、ピアノ、クラリネットとアプローチする楽器を変えながら、
三澤は楽器のパーツから、あるいは楽器の音から受け取った印象を「靴」という形に変えてきた。

シリーズの制作中に始まった新型ウイルスの感染拡大により、
海外渡航が日常でなくなった今、シリーズ作品発表の場として三澤が選んだのが、広島県尾道だった。

小津安二郎、大林宣彦をはじめ、多くの映画監督を魅了し、映画作品の舞台となってきた尾道。
その歴史を見守ってきた出雲屋敷(せとうち湊のやど)が展示会場だ。和風建築の屋敷に、西洋の靴を置く。
展示された作品は、ときに室礼のようであり、ときに逗留したであろう文人墨客の面影を偲ばせる。
時間も音楽も、目には見えずに消えていく。
けれど、その余韻は、確かにそこに留まっているのかもしれない。
音楽を「靴」で表現したMUSICシリーズを日本家屋に展示した三澤の試みは、見るものを不思議な世界に誘っている。

アーティスト情報

  • Kōya Ogata

    COMME des GARÇONSへ新卒入社後、2年で退社。 2014年まで所属していた「THE CHERRY COKE$」ではFUJIROCK FESTIVAL、COUNT DOWN JAPANをはじめ、全国各地の様々な音楽フェスに出演。 2017年ソロでの音楽活動を開始。 2017年11月にはニューヨークでシューアーティストである三澤則行氏の個展でサウンドスケープデザインを担当。 個展に合わせ、ソロ後初作品となる個展のための楽曲「阿吽」 を発表。 2018年2月に1st カセット「阿吽」を発売。 同年12月ロンドンで行われた三澤氏の個展のサウンドスケープデザインを担当。 2020年1月にイタリアの現代音楽レーベル「Blue Spiral Records」よりコンピレーションアルバムへ参加。 2020年7月、2nd カセット「SENSE2」を発売。 Apple Musicのプレイリストにも選ばれ、2021年8月現在 インストゥルメンタル トップアルバム チャート1位を9ヶ国で獲得、25ヶ国でトップ10入りした。

    アーティストページへ

munimal Records