Shining Fog Bar (feat. TaiTan)のジャケット写真

歌詞

Shining Fog Bar (feat. TaiTan)

QPLO

炭鉱のカナリアの声が告ぐ

これは死に際に咲いた花火

賽の河原で金積んだワナビー

ボーイは野暮罪重ねすぎて 未往生

踊りたいけど 踊れない

眠りたくても 眠れない

その狭間でもがく音楽やダンスが

重ねて人生となる

すべての命は片道切符

だがもし 復路があるなら

ダメ元で申す

もうワンチャンリロードして

巻き戻してえなはじめの村まで

岡目八目の神通力でもって

孤独なチェスの行方占う

甘い言葉も流行り言葉も

馬耳東風でこの街に漂う俺はghost

シートベルトなく飛ばすメリーゴーランド

みたく空回ったラストジョーク

霊園のブレーメンの楽隊

による譜面ない鎮魂歌は

哀しさ深める耳薬

それよりくれよトべる薬

ハイになれば鼓膜喜ばす

言のソノリティ

スカしはもういらん

丁々発止バーバリアンの声すら

分かる娑婆の“名無しさん”と交差する

アラビアの夜に藁の中で見た

カオナシ顔負けの富が舞う

2.3秒間を走馬灯が翔けるとき

見えるDOSの街

これが俺が得たすべての景色

その値段を墓の中で決めてくのさ

つと思う。

注射針で抜いた俺の血と臓は

どっかの誰かを生かすだろうが

願うは網膜を焼く

俺の残像が君をただ笑わせていたい。

最終コーナー走る

裸足のまま駆け抜ける

無人のトラック上の1ヴァースは

成仏祈って眠るlike aフランダース

これが夢なら

神輿の上から見通す

ゴミ化する人の群れや

カスに群がる案山子

もやがて川下を流れて

宇宙のチリへ消えてく

大都会東京もやがて砂漠の粒

その頃俺は分子に変わり

遊星の床に着く種子となるだろう

  • 作曲

    QPLO

  • 作詞

    TaiTan

Shining Fog Bar (feat. TaiTan)のジャケット写真

QPLO の“Shining Fog Bar (feat. TaiTan)”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

  • ⚫︎

    Shining Fog Bar (feat. TaiTan)

    QPLO

"サウンドトラベルミュージック”をテーマに掲げ、時代と国境を超えた音楽を探求する2人組、QPLO。
2020年4月に1st EP「Spaceship」をリリースし、宇宙へと旅立った彼らが次に辿り着いたのは、地球上では考えられないような情景が広がる”とある惑星”だった。

11月リリース予定の2nd EP「Parallel Voyage!」はその惑星を2人が旅したという超現実的な体験を元に制作された”異星旅行記”。
ヒップホップグループDos MonosのTaiTanや、バンドSouth PenguinのボーカルAkatsukaらをfeat.アーティストに迎えた全6曲入りだ。EPに先立ってシングルリリースする本楽曲は、旅の終盤に彼らが見つけた光輝く霧に包まれたバー、”Shining Fog Bar”での宴を綴り、feat.でDos MonosのTaiTanを迎えたダンスナンバーである。

過去ランキング

Shining Fog Bar

Apple Music • ハウス トップソング • 日本 • 85位 • 2020年10月16日 Apple Music • ハウス トップソング • 台湾 • 142位 • 2022年9月8日

過去プレイリストイン

Shining Fog Bar

Spotify • キラキラポップ:ジャパン • 2020年10月20日 Spotify • Monday Spin • 2020年10月19日

アーティスト情報

QPLO

"