SIDE CARのジャケット写真

歌詞

Diary

Payao

Diary

おやすみが朝を連れてくるように

とりとめないことでも

持て余していた日記が

埋まっていく 君となら

最後の一口でさえも春の匂いも

言いかけた言葉も

ここにあるすべて

欲しがる君を欲しくなった

君と僕だけの世界で

噛みつきあって 馬鹿になる

どんな嘘をつけば良かった

さよならの中で

運命のフリをしてしまった只の偶然も

守れない約束も

君を通して覗きこんだ世界が消えるなら

さよならは何を連れてくるだろう

未読にした想いなら

無邪気に綴った日記が

またほら

見つけてしまうから

君が僕だけに染まって

なんて想像して嫌になる

どんな顔をすればよかった

鏡のない場所で

空をなぞって

呼ぶ声は雨音に掻き消されて

絡んだ指が離れて

取り返しのつかない朝がまた登ってくる

苦痛が消えていく それすら拒んでいる

優しい過去に守られて

二人だけの世界で

迷子になれたら

君と僕だけの世界が

痛みのない痣になる

「明日があるせいで今日が

終わってしまうね 」と言った

そして僕だけの世界で

白いページは続いていく

どんな風に思えばいいんだろう

さよならと書いて

また消した

  • 作曲

    Payao

  • 作詞

    Payao

SIDE CARのジャケット写真

Payao の“Diary”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

Payao 2nd Album [SIDE CAR]

アーティスト情報

  • Payao

    Payao:2018年に活動開始。オリジナル楽曲やMVを展開しています。コラボレーションアーティスト(ファミリー)と共に、制作過程や作品に込めた想いをオフィシャルサイトで紹介しています。方法に囚われず、様々なクリエイターと繋がり、デジタル領域で活動することで、リスナーに「新しい可能性」に気づいてもらえるような活動を行っていきます。

    アーティストページへ

"