トラックリスト

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

『DON'T TOUCH ME! BUT CATCH ME!』
2021年10月30日のビルボードライブ東京でのFLYING KIDSのワンマンライブのタイトルは“DON’T TOUCH ME!BUT CATCH ME!” 。コロナ禍で直接触れ合うことはできないけれど、音楽はつかまえられるし、音楽の魅力を再確認してほしいというメッセージを込めたタイトルでした。コンサート当日はメロディをつけて、ステージでちょっと披露もしたんですよ。その時に披露したものを発展させて仕上げたのが、『Don’t Touch Me!』です。
 去年ステージで披露した時には、コロナ禍ならではの感覚だと思っていましたが、今年になって、その感覚は当たり前のように日常に存在しているのを感じるようになりました。社会の複雑さもあるんでしょうけど、例えば、現実から逸脱したバーチャルな世界では、新しい自分に生まれ変わって誰かと繋がっていきたいと願うのに、現実の世界では自分への接触を拒否するようなところがあるというか。そういった精神性のある種の二重構造も表現できたらいいと思って作っていました。結果的に完成までに約1年がかかったわけですが、作り始めた時にはうまく整理がついていなかった“伝えたいこと”を、時間をかけて作ることで確認できた気がします。
 この曲もアレンジは僕がひとりでスタジオに入って細かく作りました。三連のグルーヴの快感度をさらに上げることにも心を砕いたし、仕上がりにはすごく満足しています。あとここのところサックスの宇賀マリがソリストの役割を果たすパターンが多かったんですが、今回、久しぶりに丸山さんのギターソロをフィーチャーしています。FLYING KIDS結成以来、丸山さんは基本的にソロ担当でしたし、古くからのメンバーは丸山さんのギターが大好き。思う存分弾いてもらっていますから、みなさんにもたっぷり楽しんでもらえると思います。ゆったりとしたグルーヴに、新しくてより大人なFLYING KIDSを感じてもらえたら嬉しいです。

浜崎貴司

過去プレイリストイン

DON'T TOUCH ME! BUT CATCH ME!

Spotify • New Music Everyday - tuneTracks (curated by TuneCore Japan) • 2022年7月1日

アーティスト情報

  • FLYING KIDS

    1988年結成。現在9人組ファンクバンド。 1989年、TBSの人気番組「平成名物TV・三宅裕司のいかすバンド天国」に出演。 3代目イカ天キングとして5週連続勝ち抜きを達成、初代グランドキングとなる。 1990年、シングル「幸せであるように」でメジャーデビュー。 その後、スマッシュヒットを連発。19枚のシングルと11枚のアルバムをリリースし、1998年に解散。 2007年に再結成し、新曲発表、ライブ、イベント出演など精力的に活動中。 FLYING KIDS結成30周年となった2018年は、アナログ盤リリース、原宿クロコダイル3か月連続ライブ、そして、フルアルバム『みんなあれについて考えてる』をリリース。 新メンバー加入で9人の大所帯となり、華やかにさらに勢いを加速させている。

    アーティストページへ


    FLYING KIDSの他のリリース

Mappa Duck