Memento

  1. Memento

昨年、新アルバムリリース直後に収録曲2曲がSpotify バイラルトップ 50(日本)にて、それぞれ1位・2位にランクイン。さらに今年2月、3月にリリースされた新作3曲を含む計7曲がSpotify公式プレイリストにてピックアップされるなど、何かと話題をさらうKotaro Saito(齊藤 耕太郎)が2019年4月11日(木)に新曲「Memento」をリリースする。本作は、現在日本のCM音楽業界の重鎮と言われ2CELLOSとの共演でも知られる作曲家・内山肇、さらにCM音楽業界のサウンドを約30年にわたり牽引し、これまでのKotaro Saitoのサウンドの柱であるミキシングエンジニア鎌田岳彦との連名リリース。百戦錬磨の内山が最もこだわりを持つ妖艶でサイケデリックなギターの音色と、Kotaro Saitoの目まぐるしく動き回るアナログシンセが、鎌田の緻密かつ魔術的なミキシングで融合。サイケデリックロック、ダブステップ、エレクトロどれとも名付けられない、世界照準のドラマティックな楽曲が、世代を越えたコラボレーションにて完成した。「Memento」はSpotifyで話題をさらった「Brainstorm」の文脈を継承し、更に攻撃力を増した1曲。お酒を片手に楽しむ深夜のチルアウト、勉強や思考時の強力なスパイス、知力を尽くすゲームミュージックなど、没頭性の強いシーンでぜひ聴いていただきたい。月間1曲ペースで新曲をリリースしている彼の今後にも期待がかかる。

Kotaro Saito

作曲家、音楽プロデューサー。 中学3年間をインドで過ごし、独学でピアノと作曲を習得。慶應義塾大学を経て博報堂に新卒入社。5年で独立しCM・舞台・ショー音楽制作を開始。2018年「秒の間」「Brainstorm」がSpotify 日本バイラルトップ50で1位,2位にランクイン。以後、毎月のように楽曲をリリースし、Spotfy累計リスナーは100万人を、再生回数は300万回を突破。その文才を発揮し約1万人のフォロワーを抱える彼のnoteは、音楽ファンのみならず業界関係者からも高い注目を浴びており、2019年はビリーアイリッシュらと並びMusic-Ally Japan年間ベストマーケティングアワードに選出される。イタリアの人気ファッションブランドMSGMからの衣装協力を受けるなど、ファッションやカルチャーへの造詣も深い。

アーティストページへ

Hajime Uchiyama

Takehiko Kamada

MuLogica