Kodokuのジャケット写真

歌詞

Banka

Ruby Seaside

鉄塔が赤く光り、頬を染める

死にぞこなった昨日が消えてく

明日になればまた繰り返すだろう

深海の青のような心を隠して

日暮れ散りゆく火花を見て

猫を被る小心者が笑う

生まれ落ちた意義を探した正義が

また一つ一つと崩れ落ちた

進む時間退化する人たちを

くぐり抜けて生まれた魔物

神は死んだように黙り込んでいる

この世で恐るべきは神ではないと

無意味な武器拙い言葉交えて

いつまで争いを続けるのだろう

死んだように呼吸をするこの世界で

あとどれだけ痛み悲しむのだろう

誰が意味を持って生きるのだろう

  • 作曲

    カイル

  • 作詞

    カイル

Kodokuのジャケット写真

Ruby Seaside の“Banka”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

Ruby Seasideの初となるフルアルバムはアルバムタイトルの通り、"孤独"をテーマとした10曲となっている。鋭利なギターロックから、ゲストボーカルを
招いてのポップな曲も含めたバラエティー性のある作品。

アーティスト情報

"