Continue Game

  1. Continue Game

ビートメイカーBigo名義の曲「Black Nikka」のリリースも記憶に新しい、MEATERSのフロントマンMC句潤が新曲を完成させた。
ビートは句潤自身のアルバム「秋雨の宴」や、その後の無料ダウンロードが話題になった「春風飛ばすBAD MIND」で名タッグを組んだ呼煙魔。美しくも微かに不穏な空気を残すヴィブラフォンのループ。それを煙に巻くように組み上げたビートに、どこか生き生きとした句潤のフローが乗ってくる。
前向きなリリックも相まって、黒く仕上がりながらも一陣の爽やかな風が吹き抜ける一曲。

句潤

横浜生まれで横浜育ちの生粋の濱っ子。 中学生の頃「さんピンCAMP」の映像を観て、あまりのかっこよさに衝撃を受け、ラップを始める。 どんなトラックでも、キーに合わせて時に固く、時にメロディアスに言葉を紡ぐ。 普段の適当な会話からは想像できないような豊富な語彙力と、とても高い思考の瞬発力を備えており、UMB神奈川大会2015、2016と2連覇を始め、UMB2018THE CHOICE IS YOURS Vol.2優勝等数え切れないほどのフリースタイルバトルで好成績を収めている。 1st(street)ALBUM「未完の情景」さらにGL_WORDとして、1st(street)ALBUM「presistence of vision」やJAG-Z&句潤として、1st(street)ALBUM「THE GAP」をドロップしている。また、1st ソロALBUM「秋雨の宴」を2016.11月23日にリリースと精力的に活動中。 そして同じく横浜の泥酔系MPCバンド「MEATERS」のフロントマンとして、タクトの代わりにマイクを握り、変態達を指揮する。 MPC4台の音圧にも負けない喉を持ち、音源、バトル、LIVE全てにおいてフローや声質が安定している稀有な存在。

アーティストページへ

BUTCHERS STUDIO