空は悲しみとともにあってものジャケット写真

歌詞

空は悲しみとともにあっても

sonimarium

雨音に目覚め

靴をはいて

歩き始める

誰もいない朝

街の響き

かすかな痛みが

届くことのない

置き去りの

思いの中

落ちてゆく

誰かの声

記憶の空の

こだまの影

ささやきも

ほほえみも

誰のものでもない

ただの傷跡

言葉に満たされ

切り取られた

最後のニュース

棄てられた街の

聞こえない声

空に満ちてゆく

帰ることのない

うつむいた

誰かの影

名前のない

失われた

どこにもいない

あなたの影

もういちど

手を広げ

生きることだけを

思い出したら

空は

悲しみとともにあっても

風は

はかない時を連れ去ってく

明日へ

その先へ

ここはここでなく

どこでもない

確かなどこか

夜に木々は揺れ

消えてしまう

それがすべてと

そして振り向いて

また歩き出す

豊かな風

この匂い

時はめぐり

ほんの少しの

未来へと

あきらめることのない

無数の足音

こころに響いた

声とともに

  • 作曲

    takafu

  • 作詞

    takafu

空は悲しみとともにあってものジャケット写真

sonimarium の“空は悲しみとともにあっても”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

  • ⚫︎

    空は悲しみとともにあっても

    sonimarium

失われた街についての歌

アーティスト情報

  • sonimarium

    miyaship(Vo.)とtakafu(song writing)によるユニット。2010年に始動。日常から宇宙まで、過去から未来まで、たったひとりから世界中まで、広い広い歌を作りたいと思っています。レコーディングをメインに活動し、二人ユニットらしからぬ作り込みに励む一方、稀にやるライブではシンプルなバンドアレンジなどでやっています。CDにてアルバム"sonimarium"(2013)"miraminous"(2019)をリリース。 takafu:1980年代から活動し主にbass/violinプレイヤー。チェンバーロックバンドZYPRESSEN、謎混交バンドsnow flakesなどにも所属 miyaship:vocal/A.Guitar etc.1980年代に産まれる。幼少時代より一人でいる時間のほぼすべてを歌って過ごし、合唱・演劇・ミュージカルをつまみ食いしつつ主にロックバンドのボーカルとして活動

    アーティストページへ


    sonimariumの他のリリース

MNMN

"