stitchのジャケット写真

歌詞

はだかの王様

あるはるか

ぼんやりと歩く帰り道 おなかすいたなあ

田園を捨てて飛び込んだネオンが沁みる

あっち向いてふらふら

となりの芝生がさらさら揺れる

あの日 町を飛び出して

夢を見てた 胸をはずませて

ぼくは信じてた

欲しいものに手が届くはずなんだと

いつのまにか忘れているあの町の匂い

いつまでも忘れられないあの夜のこと

あっち向いてふらふら

同じところぐるり 最初に戻る

あの日 町を飛び出して

夢を見てた 胸をはずませて

ぼくは信じてた

欲しいものに手が届くはずなんだと

魔法が解けて 正体を知る

裸の王様だ

諦めて 目を閉じても

あの日の光がぼくを離さない

白旗をあげたままで

涙を拭うよ

おおきく歌おう いま

  • 作曲

    岸田 充浩

  • 作詞

    三枝 芙美

stitchのジャケット写真

あるはるか の“はだかの王様”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

stitch

あるはるか

あるはるかの4thアルバム。2019年リリース、全6曲入り。ダンサブルな「聖者の行進」、力強い「はだかの王様」、切ない雰囲気の「エピローグ」など、多彩な楽曲が楽しめます。

アーティスト情報

  • あるはるか

    Vo/Keyさえぐさふみ、Gt/cho岸田充浩、Dr/choこまつのベースレス3ピースバンド。POPS系ロックをやっています。女性ボーカルの音楽、ピアノロック、バンド音楽がお好きな方はぜひ一度聞いてみてください!

    アーティストページへ

-

"