Daoko Live Unplugged in 草月ホールのジャケット写真

Daoko Live Unplugged in 草月ホール

トラックリスト

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理事業者等が管理する楽曲は試聴できません。

2021年11月26日に行われたライブ「Daoko Live Unplugged in 草月ホール」の内容が待望の音源化!
サポートメンバーとして、網守将平(鍵盤・編曲)・永井聖一(ギター)・四家卯大(チェロ)が参加。

過去ランキング

Daoko Live Unplugged in 草月ホール

iTunes Store • オルタナティブ トップアルバム • 日本 • 3位 • 2022年8月3日 Apple Music • オルタナティブ トップアルバム • マカオ • 13位 • 2022年8月3日 iTunes Store • オルタナティブ トップアルバム • オーストラリア • 18位 • 2022年11月3日 Apple Music • オルタナティブ トップアルバム • パラグアイ • 58位 • 2023年12月30日 Apple Music • オルタナティブ トップアルバム • シンガポール • 89位 • 2022年8月22日 Apple Music • オルタナティブ トップアルバム • ベトナム • 95位 • 2022年9月6日 Apple Music • オルタナティブ トップアルバム • タイ • 101位 • 2022年9月12日 Apple Music • オルタナティブ トップアルバム • 香港 • 101位 • 2022年12月26日 Apple Music • オルタナティブ トップアルバム • ペルー • 189位 • 2023年1月8日 Apple Music • オルタナティブ トップアルバム • インド • 198位 • 2022年10月23日

過去プレイリストイン

水星

Spotify • New Music Everyday - tuneTracks (curated by TuneCore Japan) • 2022年8月4日

アーティスト情報

  • Daoko

    Daoko だをこ 1997年生まれ、東京都出身。アーティスト。 15歳の時にニコニコ動画へ投稿した楽曲で注目を集め、2012年に1st Album『HYPER GIRL- 向こう側の女の子 -』を発売。ポエトリーリーディング、美麗なコーラスワーク、ラップを絶妙なバランスで織り交ぜたドリーミーな世界観で話題を呼ぶ。 2015年3月女子高生にしてTOY’ SFACTORY から1st アルバム『DAOKO』にてメジャーデビュー。 2018年12月には「第69回NHK紅白歌合戦」に「打上花火」で初出場。これまでに米津玄師やベック、中田ヤスタカ、岡村靖幸、スチャダラパー、MIYAVIら数多くのアーティスト共作共作を行いつつ、ソロとしての個性も強めている。 音楽活動の一方、2017年に小説「ワンルーム・シーサイド・ステップ」を執筆しKADOKAWAより刊行。2022年3月31日~4月13日の2週間に渡りGINAZ SIX 5F「Artglorieux GALLERY of TOKYO」にて初の絵画個展 “the twinkle of euphoria”の開催。蜷川実花監督の「ホリック xxxHOLiC」実写化映画(2022年4月29日公開)では女優業に挑戦するなど、音楽活動を中心にしながら多様なクリエイティヴ表現を続け、国内外で注目をあつめている。 2019 年に個⼈事務所“てふてふ”を設⽴。 2021年からは自主レーベルでの活動を開始。 ソロ活動と並行して、2023年4月からはバンド・QUBITでの活動も行っている。 2023年6月に劇場版「美少女戦士セーラームーンCosmos」の主題歌「月の花」を担当。 11月1日には、RPGゲーム「メメントモリ」のゲームサービス開始1周年を記念し書き下ろした楽曲「Allure of the Dark」をリリース!

    アーティストページへ


    Daokoの他のリリース

てふてふ