哀愁街道

  1. 哀愁街道 (feat. Termanology)
  2. U have a...
  3. Tears
  4. Blue
  5. Dream on the beats
  6. To heart
  7. Be ambitious (feat. Sheef The 3rd)
  8. The alley man
  9. Night walkin'
  10. Gonna be alright (feat. Ruste Juxx)
  11. Lonesome traveler
  12. Classical
  13. LaLa-LaLa
  14. Saturday
  15. Getting over you

哀愁の街で聴きたくなるビート集 "哀愁街道 -AISHÛKAIDÔ-" を自身主宰レーベル、Bold Gamble Recordsからリリース。前作よりもさらに渋みを増した今作、ぶっといドラムス上にチョップ&フリップで再構築された哀愁漂う上ネタが独自の世界観を放つ。dj hondaジャッジによるInternational Beatmaking Contest "From Dust To Gold 2019" で2位入賞の"Classical"も収録。シャウトアウトにはNYからブーンバップ代表TermanoloyとDuck DownのRuste Juxx, そして藤沢のBlahrmyからSheef The 3rd。旅のお供に哀愁街道、どうぞお楽しみあれ!!

Ghost Lamp

福岡県八女市出身、東京在住のプロデューサー・DJ 。2003年からDJとしての名義「Dj Choo」始動、DJバトルの登竜門「DMC」では九州代表として活躍。2008年にはDJ TA-SHIやDJ IZOHらがジャッジを務めた渋谷NO.1 DJ BATTLEで優勝するなど、数多のDJバトルで輝かしい結果を残し注目を集める。その他、島村楽器のDJ講師やDJバトルのジャッジ、PIONEERやNUMARKから発売された新機材のデモンストレーターに任命されるなど幅広く活動。また、MIXCD「HIGH LIFE」「TOY FIREWORKS」「TIME LANDSCAPE 95-99」などをリリース、現場では卓越したスキルを武器にフロアを沸かし、九州地方のクラブシーンで着実に根を張る。 2013年からプロデューサーとしての名義「GHOST LAMP」始動、地元アーティストに楽曲提供を始める。2015年に単身上京、2017年にはMEGA-Gや押忍マン、CIMAなどの話題を呼ぶ面々をはじめとした強者客演を招き、1st アルバム「DETERMINATION」やMVをリリース。その後、押忍マンや剛斗、椿などアーティストへの楽曲提供やスクラッチワークに力を入れる。 2019年にはdj hondaがジャッジを務めた国際的なビートメイキングコンテスト「FROM DUST TO GOLD」で2位入賞。また、自身主宰レーベル「BOLD GAMBLE RECORDS」を創設。その後、NASへのリスペクトを込めたリミックス集「THE LEGENDARY VOL.1」やそのインストバージョンをリリース。更には、NYからブーンバップ代表TERMANOLOGYやDUCK DOWNのRUSTE JUXX、国内では神奈川の2MCユニットBLAHRMYからSHEEF THE 3RDがシャウトアウトで参加したインストアルバム「哀愁街道」をリリースし高評価を受ける。ネオブーンバップスタイルを貫く「BOLD GAMBLE RECORDS」、これからの動きに期待したい!! CHECK IT NOW!!

アーティストページへ

Bold Gamble Records