その先を追うのジャケット写真

歌詞

幽霊さん

Accént

青い空雲もない

何気ない朝に

今日もまた苦笑い

気が重くなるの。

周りに合わせた自分は嫌いなの。

中身のない気持ちなんて、

ーもういいよ。

僕は

幽霊さん。

誰にも見せない僕の心の

透明な本音は無かったことにして。

外はまだ静かなの

人はいないみたい。

このままずっとひとりで

いられたらいいのに。

誰も何もないところへ行きたくて。

過去も現在(いま)も未来すらも

捨てて。

『ボクは、ー』

バカだよ。

本当の自分に嘘をついた

つまらない人生に

生きる意味は無いね。

広いね雨上がりの空雲ひとつなく。

透明な自分も

鳥のように飛べそうで。

いつの日か強く考えてたの

わからない、もういいや。

僕は

幽霊さん。

誰にも見えない僕の心の

透明な涙、誰にも見せないように。

通過点、人生で僕が通るべき道。

今を乗り越えた時

先が見えなくても。

真っ白な未来描いて、

僕は目をつむって笑う。

  • 作曲

    カノン

  • 作詞

    ハル

その先を追うのジャケット写真

Accént の“幽霊さん”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

Accéntは2021年で結成5周年を迎える。待望の3rdリリースは「サヨナラを告げる」「desperate」「空を見上げて」「幽霊さん」の4曲を収録したミニアルバム。
小学生の時から作詞作曲を始めて、中学生になった彼女たち。歌詞の内容も、楽曲の雰囲気も成長を感じられるものとなっている。
タイトルとなる「その先を追う」には、全ての楽曲に共通したメッセージである「うまくいかないことや自己嫌悪、決して無くならない絶望の先を追う」という力強いメッセージが込められている。同世代の多感な時代を生きるすべてのリスナーに届けたい。

アーティスト情報

  • Accént

    東京・埼玉を主に活動するAccéntは現在中学生の3ピースバンド。Gt&Voのカノン、Baのハル、Drのフミはそれぞれ受賞歴もあり、演奏力は折り紙付。若年ながらも2007年の結成からすでに5年目を迎える。YouTubeでの生配信ライブも本格的で、同世代から強い共感を受ける楽曲は彼女たちの等身大のメッセージが込められている。

    アーティストページへ

"