のジャケット写真

KAZE NI NARU (feat. NAGAN SERVER)

  1. KAZE NI NARU (feat. NAGAN SERVER)

KAZE NI NARU

「パパ、風は目には見えないんだけど、いつもそこにいるんだよ。」
目に見えない「風」という存在について、3歳の息子と話した会話にインスピレーションを得て作ったこの曲の本質的なテーマは「愛」だ。

俺たちが生きるこの地球上では、時間という絶対的なルールが存在する。
生きるとは、生まれてから死ぬまでの「時間」を意味する。
この体もいつか朽ちてその存在を失うが、魂は風となり時を超えていつも大切な人に寄り添う。
そんな気がした。

DAG FORCE の名前の由来、Death And Gravity (死と重力)。
重力から生まれた時間によって、存在がある。
死(生)という肉体の限界が、俺たちに時間という感覚を与え、
俺たち自身の存在に対する、意味と理由を求める。
ただ、その両方から解放される時、俺たちに残されるのは意識だ。

たとえ、いつかこの身が朽ちて、その存在が目に見えなくなっても、
「パパはいつも君のそばにいるよ。」そんなメッセージを伝えたかった。

「生きる」とは、「生きるとは何かを考える事だ。」
自分なりの生に対する答えは、小学生のころと変わらないでいる。

他者の存在に気づく時、自分の存在の意味を問い始める。
でも、ふと頭をあげて、空をに目をやれば、そこには風が舞っている。

俺たちは、いつか、風になって、本当の自由と愛を手に入れられるかもしれない。
そんな風に感じながら、作った曲だ。

サウンドトラックは、NYで友人となった仙台出身のプロデューサー 6th Generation に提供してもらった。
彼の、暖かくも洗練されたサウンドを聞いてすぐにサビが浮かび、ボイスメモに録音した。
そして長年の良き友人で、オリジナルなスタイルを持つアーティスト NAGAN SERVERに2nd Verseを依頼し、この楽曲が完成した。

KAZE NU NARU
晴れた日の朝に、ふと足を止め、空を見上げながら、ぜひ聴いてほしい。

DAG FORCE

DAG FORCE ダグ フォース 岐阜県飛騨高山出身。現在はNY在住。 <<<<<PROFILE>>>>> 歌うようにラップする「Blues Rap」というスタイルを確立し、 HipHopはもとより、ジャンルを超えたサウンド領域で自己を表現する唯一無二のアーティスト。 2016年よりNYに移住。 現在はNYと東京を拠点に活動をしている。 シンプルなリリックに込められたメッセージ、 思わず口ずさんでしまうキャッチーなメロディーに定評があり、 UNICORN / Zeebra / KenKen (Rize・Dragon Ash) など、数多くのアーティストの作品に参加。 人間力溢れるライブパフォーマンスこそ、彼の真骨頂。 既成概念にとらわれず、DJ、BAND、Acoustic など様々なサウンドスタイルを持つことで、あらゆるジャンルや世代の壁を越え、幅広いファン層を持つ。 当初、親友KenKenの母として紹介された、金子マリ & 5th element will のライブに衝撃を受けた以降、様々なライブサウンドに興味を持ち、Rapに歌を融合させた「Blues Rap」というスタイルを確立してゆく。 2008年夏、彼のBand Set 「DAG FORCE & The Lazy Stones.」としての初ライブを、金子マリ主催のイベントにてスタートする。 2009年初夏、日本を代表するRock Artist の「MIYAVI-雅」のヨーロッパツアーにMCとして帯同し初めての海外ツアーを経験。 翌年2010年には、UNICORNのフロントアクトとして日本武道館 1万人満席でのライブを経験する。同時期に、Rapperとして出演した人気音楽漫画「BECK」の実写版がリリース。また同年にリリースされた「STAY STRONG (feat. DAG FORCE, NORIKIYO & SHINGO☆西成) / BOMBRUSH!」 は、大きなヒットとなり彼の知名度を全国区へと広げるきっかけとなった。 翌年2011年には、大阪CARNIVALのライブバトルで64組中優勝したのち全国各地からのライブオファーが殺到。国内各地のクラブやライブハウス、カンボジアツアーなど国内外でのライブ活動が活発になる。 2015年には、club asiaにて600名以上を動員しワンマンライブを成功させ、同年に盟友であるKenKen、韻シスト、ムッシュかまやつ氏らと共に、Blue Note Tokyo / Nagoya / Billboard Osaka ツアーに参加。 2015年末に一児の父となり、2016年から家族でNYへ移住。 現在は、日本と米国、両国をベースに活動をしている。 <<<< BIOGRAPHY >>>> '08年7月 雅「World Tour '08」のヨーロッパツアーに参加。 '08年8月 1st Mini Album『DAY & NIGHT』リリース後即時完売。 '09年8月 L-VOKAL,DJ SHU-Gと共にMix Album『BARS & VIBES』をリリースし翌年完売。 '09年10月 UNICORNのフロントアクトとして日本武道館での初BANDライブを経験。 '10年8月 独自レーベル『FORCE SOUND INC.』を立ち上げ。 '10年9月 2nd EP『DAY & NIGHT2』を初の全国流通発売開始。 '10年9月 全国ロードショー映画『BECK』に出演。 2010年11月 1st EP『DAY & NIGHT1』をLIVE盤と2枚組にて再発。 '10年12月『BARS & VIBES』がAmebreakのMix CD部門でアワードを受賞。 '11年 7月 DJ BUNと参加した、大阪CARNIVALのライブバトル『THE TOP BATTLE』にて64組出場中、優勝。 '13年1月 通算5枚目、自身初となるフルアルバム『FULL SOUL BLUE』を発売。 '15年 渋谷club asia でのワンマン成功。盟友KenKen、韻シストらと共に、BLUE NOTE TOKYO・NAGOYA / Billboard OSAKA のツアーに参加。 '16年よりNYへ本格移住を開始。 '17年6月 Pushim主宰 Groove Village リリースの「Groove Island」に収録された「My Dream (KLK BEATS remix)」がリリース。同10月人気TV番組「フリースタイルダンジョン」にライブ出演。 '18年6月 オーストラリア/シドニーのレーベルより「Feelings / Em Flach ft Dag Force」がデジタルで世界発売。 また本年8月には【HMV record shop渋谷4周年限定盤】として、『SWING-O remix works 2 (RHYMESTER / DAG FORCE)』「アイラヴゆーなんて言えねぇ」の7inchレコード晩がリリース予定。 <リリース作品> Mix Album 『Bars & Vibes』¥1,500 1st EP『DAY & NIGHT1』(2CD) ¥2,000 2nd EP『DAY & NIGHT2』¥1,500 1st LP 『FULL SOUL BLUE』 ¥2,500 1st LP 『FULL SOUL BLUE』(2LP Vinyl盤) ¥2,500

アーティストページへ

forcesoundinc.