RESPECT 2 BLUES MEN 2020 Live at club Doctor Vol.2のジャケット写真

RESPECT 2 BLUES MEN 2020 Live at club Doctor Vol.2

-

RESPECT 2 BLUES MEN

RESPECT 2 BLUES MEN 2020 Live at club Doctor Vol.2

  1. When something is wrong with my baby (Cover) [Live at club Doctor、東京、2020]
  2. Only my song (Cover) [Live at club Doctor、東京、2020]
  3. バージンブルー (Cover) [Live at club Doctor、東京、2020]
  4. Feel like makin’ love (Cover) [Live at club Doctor、東京、2020]
  5. ルイジアンナ (Cover) [Live at club Doctor、東京、2020]
  6. 横浜ホンキー・トンク・ブルース (Cover) [Live at club Doctor、東京、2020]
  7. SHINING ROAD (Cover) [Live at club Doctor、東京、2020]
  8. Bring it on home to me (Cover) [Live at club Doctor、東京、2020]
  9. Route 66 (Cover) [Live at club Doctor、東京、2020]

2020年コロナ禍の中、緊急事態宣言が解除された7月10日、トライアル公演として感染対策の施された荻窪・club Doctorで行われたRESPECT 2 BLUES MENのライブを収録。メンバーは加藤喜一(ex.SALLY)、そして彼がリスペクトする内海利勝(ex.キャロル)、長洲辰三(ex.宇崎竜童/原田芳雄サッキングルージュ)をメインに、山崎真也(b)、川口伸王(dr)がボトムを支える。
不安と緊張が強いられるコロナ禍からいまだ解放されたわけではないが、久しぶりのライブにバンドも観客も歓喜している様子が伝わってくる。バージンブルー(SALLYセルフカバー)、ルイジアンナ(キャロルセルフカバー)、横浜ホンキートンクブルースなど全16曲を2タイトルに分けてアルバム配信します。

RESPECT 2 BLUES MEN

その生き方、存在こそがまさにブルース。 日本のロック黎明期にキャロルでデビューした内海利勝と、GS末期からスタートし、宇崎竜童、原田芳雄、その他有名ロックミュージシャンらと華々しい活動を共にした長洲辰三をフロントに迎え、1世代下の加藤喜一(ex.SALLY)、山崎真也、川口伸王が、彼ら''ブルースマン''へ最大級のリスペクトを込め、ホットなプレイを展開!

アーティストページへ

MORE THAN THIS