トラックリスト

  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

シンガーソングライターmikajiriManami(三ヶ尻愛美)の約4年ぶりのスタジオ録音ミニアルバム。表題曲「強くなるしかなかった、今日も」は、沈んでは見上げて“負けたくない"ともがく自分への戒め。「I'll be waiting anytime」は、この4年間で感じた帰る場所があることの幸せや安心を、自分自身も誰かに与えられたらと書いた、三ヶ尻的新アプローチ。他3曲も、失った愛から抜け出せない3人の女性を描く。じっくりと聴きたい心の底に響くアルバムです。

アーティスト情報

  • mikajiriManami

    大分出身シンガーソングライター。高校時代、某ギター雑誌の懸賞でギターが当選したことをきっかけに、弾き語りを始める。福岡の音楽専門学校入学と同時に作曲をはじめ、ソロやバンドで活動、福岡国際会議場やZepp福岡等のステージに立つ。卒業後、上京。都内を中心にレギュラーライブなど年間100本ほどのライブ活動を行い、ゲリラでの路上ライブやツイキャスなどでも精力的に活動。2014年7月、アレンジャー、キーボーディストの安部潤氏をプロデューサーに迎え、CD「愛惜」全国リリース。2015年8月、6曲入りミニアルバム「迷いながら。生きる」、2016年3月、ライブ録音盤「2016.1.20現在」全国リリース。路上ライブで身につけた声量とさまざまな声色で、苦しいくらい痛切な本音を、時にあたたかな想いを歌いあげる。

    アーティストページへ

Js-n Music