Kissing Me Softlyのジャケット写真

歌詞

3.11その後

大槻 剛巳

無機質な何か 数えてる様に

数字だけが 報道の渦に 舞い上がっている

白煙が閉ざす 見えない壁なら

表わす意味 分らないままに 怯え出している

おびただしい瓦礫 陸上の船に

横転する トラックを越えて 凍りついて行く

沈みだす土地に 哀惜も告げず

当惑さえ 放心の顔で 彼方を眺める

そんな中 一つずつ 朝が来る

目と目を 見つめ合い

手と手を 触れ合って

心と心を 寄せ合う時に

暗闇と寒さ 忍ぶなら今と

安否さえも 伝えきれないなら

積雪に惑う

物資さえ未だ 届かない町に

吐く息さえ 弱まってしまう 空気が固まる

美しい星の 残酷な仕打ち

怨むよりも 拍動する鼓動 打ち続けて行く

一つたりとても 尊厳を込めて

重き命 それぞれの胸に 受け止め続ける

そんな中 一つずつ 朝が来る

目と目を 見つめ合い

手と手を 触れ合って

心と心を 寄せ合う時に

いつか甦る 仲間と共に

きっと甦る みんなと共に

いつか甦る あなたと共に

  • 作曲

    大槻 剛巳

  • 作詞

    大槻 剛巳

Kissing Me Softlyのジャケット写真

大槻 剛巳 の“3.11その後”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

Kissing Me Softly (K.M.S.) 。ステキな女性の表情をアルバムジャケットとした本作品は,倉敷市にある川崎医科大学の衛生学で教授を務める医師でありミュージシャンの大槻剛巳が新たにリリースする楽曲集。以前のアルバムは,高校~大学の頃の楽曲を旧曲新録していたが,本作では最近の楽曲を取りまとめて,今を表現する。 ジャケット写真に象徴される揺れ動く恋愛事情の楽曲,川崎医科大学卒後臨床研修センター職員の作詞による研修医応援歌,さらに,福祉の現場を目指す学生たちへのメッセージの曲,加えて2010年度に地元のAMラジオでレギュラー出演していた番組の企画から生まれた楽曲など,人生の場面々々で,前を向いて歩んで行こうという想いに寄り添う楽曲に溢れている。 特に,ラジオ番組の担当期間中に「3.11」が起こり,支援の想いを込めてラジオで歌った楽曲「3.11その後」は,今も続く復興に向けての不断の努力を支える想いが凝縮され,気持ちの強さを被災地に届けていく。 そして,アルバムのK.M.S.は,実はKawasaki Medical School の略。楽曲「K.M.S.」は,明るく楽しい修学の場から,病に苦しむ人たちを知識と技術と熱い想いによって支えることを誓う学生への応援ソングである。 寄り添い支え合い,励まし抱きしめて,そして信頼し合うこと。そんな大切さを改めて感じさせてくれる11曲である。

アーティスト情報

  • 大槻 剛巳

    大槻 剛巳(おおつき たけみ)は、日本の医師、作詞家、作曲家、編曲家、キーボーディスト、俳優。京都府出身。新庄村国民健康保険診療所所長。川崎医科大学名誉教授。NPO映像作家支援機構理事。京都府福知山市生まれ。15歳の春から倉敷市在住。1972/1975年、NHK「あなたのメロディー出演。1974年、ヤマハポピュラーソングコンテスト全国大会出場。ボーカリストは庄野真代。1981年川崎医科大学卒業。その後、約16年間、血液内科医として診療・研究に従事。留学から帰国後、一般内科医としての診療と並行して、衛生学分野において環境保健と予防医学について実験的にアプローチする。一方、中学生の頃からオリジナル楽曲の制作にあたり、2014年以降、各種サブスクサービスを通じて楽曲がリリースされている。「凝視(みつ)めれば愛」は、自身が会長を務めた2014年日本衛生学会学術総会のサブテーマ。オリジナル楽曲(日本語ポップスです。)を基本は作詞・作曲・編曲・演奏・歌唱でデジタルでリリース。「大槻剛巳」検索してお聴き下さい。

    アーティストページへ


    大槻 剛巳の他のリリース

Works Rrcords

"